つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

電柵フェンス設置(その2: 試験電源設置)

 先日完成した”電柵(フェンス)”にいよいよ”電源(高圧電源)”を設置しました。


 ただこの電源はまだ”仮設置(試験用)”の位置付けです。
供給電源は、”センサーライト用ソーラーパネル(6V)”からです。(前に焼損事故を起こして解析から戻ってきたあのソーラーセンサーライトのソーラーパネルです・・・そういえばまだ最終解析結果報告を貰っていませんね・・・お陰で益々メーカに対する信頼感が低くなってきます)
これを前に作った”単管パイプ製日除け”の柱(単管)の天辺に取り付けました。
猿は高い構造物の上に乗っていたずらすることが多いので、パイプ接続金具で確り固定しました。

構造は以下の通りです。


A電気柵説明図 <電柵構造1>

電柵4 <電柵構造2: 高圧発生器は”イグナイター”>


電柵5 <電柵構造3>


 畑の出入り時には電源を切断しないといけないので、”電源スイッチBOX”を独立して設けました。
使ったSWはジャンク品(トースターに使われていたSW)で防水構造で無い為、ペットボトルでケースを作り防水しました。
高圧発生器(イグナイター)は二重のケース(タッパー)に入れて防水対策してあります。

 このソーラーパネルと高圧電圧発生器は直結してありますので、朝太陽が昇ってソーラーパネルの発電電圧が5V程度になるとイグナイターの作動が始まり電柵に通電されます。
又夕方ソーラーパネルの発電電圧が5V以下になると、イグナイターが自動的に停止し、電柵通電が終了します。


 と言う事でこの電柵は太陽光が当たると同時に作動開始し、太陽光がなくなると作動を停止する、『全自動電柵システム』です。


ここまでだと非常に優秀に思えますが、欠点があります。
『曇りの日』や『雨の日』で殆どパネルの発電が無いと電柵作動は期待できません。(当然夜もダメです)

 今は試験目的で設置してありますのでその作動は限定的でも構いませんが、実際に稼動させる場合は、猿が曇りの日や雨の日は活動しないということは有り得ませんから、本番ではもう一段の改善が必要になります。
(猿は夜活動しないのはこれまでの経験から明確になっています)


2014.06.17
関連記事

Comment

No title

仮稼働開始、おめでとうございます。

電気柵で囲ったら近くの木から飛び込んだという話を聞いたことがあります。どうやって出たかは聞き漏らしました。”単管パイプ製日除け”が気になりました。老爺心。

『敵は然る者(ひっかくもの)』。意表をついて、うまく電撃を喰らわせて、ズク出せさんの畑はコリゴリと猿仲間に口コミが広がるといいですね。

No title

 米搗さん、気が付きましたか 流石ですね。
日除けの単管は電柵から1.5mしか離れていないので、非常に危険です。
電柵の反対側をツルバラのフェンスで使っているのですが、電柵側は使っていないのでこちらは撤去する予定です。
又この反対側に八重桜の木があるのですが、こちらは電柵側の枝を払って飛び込めないようにしました。

 尚猿は頭が良いので、一度電柵で感電するとほぼ1シーズンはそこに近づかないと聞いています。
そこでこのような簡易なシステムとしましたが、そういってもイグナイターの寿命に心配なところがあるので、早く感電してくれないかと期待しているところです。

No title

餌でおびき寄せてきつい電撃オシオキの記事を引用します。

改良電撃ネット柵と電撃柱でサルに勝った!
現代農業:2010年9月号 244ページ~247ページ
『…設置して約1ヶ月がたった夕方、畑のそばの小屋で一休みしていたら突然「ギャッ」という鳴き声と同時に部屋の証明が一瞬暗くなりました。小屋から柵を見ると黒色の動物が杉林へ逃げ込んでいきました。(滋賀県)

柵は頑丈なものよりフラフラしたり、しなう方が電線をしっかり掴むそうです。
非公開コメント