つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

八ヶ岳開山祭(北横岳)

  今日は『八ヶ岳の開山祭』に行ってきました。

全員集合 - コピー  <本日の参加者10名>


 この『八ヶ岳開山祭』は毎年6月の第1日曜日の12:00から、”赤岳山頂”と”北横岳山頂”の2箇所で行う事に決まっています。
その為今年はそれが1日と早まってしまい、その影響が現われました。
例年2箇所の山頂で行われている開山祭の神事が、残雪の為危険と判断されたようで、会場がそれぞれ変更となり、北横岳はロープウェイ山頂駅の広場で行われました。

 所属する山岳会も今年も昨年同様、”北横岳山頂”に2方向から登頂する計画を立てていましたが、神事会場の変更で山頂に登頂していたのでは開山祭に間に合わなくなったしまうので急遽計画変更しました。
希望者を集計した結果、以下の2コースとなりました。

  <1>往復歩いて開山祭参加(歩行時間5H)・・・4名(平均年齢73歳)・・・私はこちら、お陰で平均年齢を大幅に下げました。
  <2>ロープウェイを利用して開山祭参加(歩行時間2H)・・・6名(平均年齢70歳)

 平均年齢が高いほうが、往復5時間のハードな登山になりました。



平均年齢73歳 <平均年齢73歳のパーティ>

当初予定はロープウェイ部分、片道2.5Hだけ登って開山祭に参加する計画でしたが、天気が良く、皆さんも快調だったので、”縞枯山(しまがれやま)2043m”までピストンして来ました。


アイゼン装着 <アイゼン装着>

アルプス展望 <縞枯山頂上からの大展望>


 途中から残雪が多くなり、後から同じコースを登ってきた殆どのパーティが登頂を諦める中、我が精鋭部隊(?)はアイゼンを装着して、頂上を踏んで来ました。

 

 さて今回の目的は、”開山祭に参加して、記念バッジを貰うこと”。


開山祭 <開山祭: バッジをもらえる人だけ??>

記念バッジ <”記念バッジ”と”お札”>


 今回は60回の記念大会と会場がいつもの雪の山頂では無く、ロープウェイの駅前広場で誰でも簡単に行けると言うことと、晴天快晴という好条件が重なった為、大変な参加者でした。
参加人員は明日の新聞を見れば分かるので、後日報告したいと思います。

 ところがこの参加者の増加のお陰で、主催者側の運営が非常にお粗末なものであることが露呈してしまいました。
用意されていた記念バッジの数より、圧倒的に多い参加者の数に主催者側が慌てたようで、突然開山祭告示時間のかなり前に”整理券”を配ってしまったのです。
 
 特に遠路遥々来て、せっかくだからと思って周辺の山に登っていて、告示時刻に合わせて戻って来た登山者の多くはこの整理券にありつくことが出来なかった様です。
ですから整理券が貰えなかった人々から運営方法に対する強烈な不平不満・批判が噴出していました。
はたしてこの人たちの声は、主催者側に届くのでしょうか??

 傍でこの話を聞いていた我々も非常に恥ずかしくなりました。
これは地元の我々も知らなかった事ですから当然のことだと思います。
これは明らかに主催者側(茅野市観光協会/八ヶ岳観光協会)の全くのミスだと思います。
このことで”主催者”は非常に多くの山男・山女の期待を裏切ったと思います。(背信行為!!)

 山登りはスポーツですから、フェア精神(公正)に則って善処される事を希望します。
さらに『山岳県』と言いたいのであれば、その名に恥じない対応をお願いします。



2014.06.01
関連記事

Comment

非公開コメント