つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

芝の雑草抜き鎌

  張替えを行った芝布ですが、梅雨に入って適当な降雨で少しづつ青々した芽が出てきました。
しかしそれ以上に”雑草”の方が勢い良く伸び出してきました。
今の内に丁寧に雑草の抜き取りを行っておかないと、後々大変なことになってしまいます。

 この芝の中から出てきた雑草は、中々手強いものがあります。
特に張ったばかりの芝布は、芝の根がまだ確り固着されていないので厄介です。


 そこで雑草を根から抜き取る鎌を自作しました。


 市販品にも同じ様なものがあるのですが、自作の方が使い易いもの(?)を作ることが出来ます。
使う材料は揃っているので簡単に作ってみました。


根切り鎌1
<鎌の材料は破断したバンドソーブレード、これをディスクグラインダーで切断加工>


根切り鎌3
<桜の小枝で柄を作り、ネジで固定して完成です>



 これを芝布の雑草めがけて差し込んで引き抜くと雑草の根だけが刃に絡んで抜き取ることが出来ます。
バンドソーブレードは焼きが入っていて、細く加工しても曲がらないので優秀な鎌になります。
1本の破断バンドソーブレードからこの鎌が20個出来ますので一生”雑草抜き”には困らないと思います。(今回作った2個だけでも十分一生物だと思いますが・・・・・・)

 バンドソーブレードは薄くて焼きが入っているので、このような自作の刃具を作るのに非常に便利な素材です。
その為、ブレードが切れなくなって交換したものや、破断したものを捨てずに全て取ってあります。
そう言っても作るのはもっぱら木工用小物工具なのでそれほどの量は必要ないのですが、刃物用の材料は貴重で中々捨てられません。

2014.06.19
関連記事

Comment

No title

完成品の写真みると、素晴らしい完成度ですね。

これなら、コストの問題はあるでしょうが、市販できますね。

焼き入れの廃材利用とは素晴らしい着眼ですね!!!

No title

草取りに稲刈り鎌を使うときがありますが、雑草抜き鎌は便利そうですね。

弓鋸の刃で小さい切出しや、小さな刃を使って使っています。やっぱり、折れたノコ刃を大事にとってあります。昔は、小さい切出しが縫い物をほどくのに便利だと貰い手がありましたが…。

ところで、雑草抜き鎌の柄を固定する穴はどうやって明けていますか。超硬ドリルですか、バーナーで焼きを戻すとか。
かんぴょう剥きを作ったときに、ドリルで穴が明かなかったので、グラインダでつけた切欠きでごまかしました。

No title

 私の使っているバンドソーブレードは焼きが甘いのか刃先中心の焼き方なのか普通のドリルで穴あけできました。
ただ柄に差し込んでから一緒に穴あけしないと、最初の食い付きでドリルが曲がって折れます。
柄(木)で曲がらないようにガイドしながら穴あけするのがポイントでしょうか。

 又先端の切刃が鋭くないと良く折れるので、先端をグラインダーで研磨してからやっています。
ただ”金ノコの刃”はやった事がないですが、バンドソーより焼きが硬そうなのでどうでしょうか?

No title

木工用・剪定用のノコ刃は衝撃焼入れと書いてありますが、高周波焼入れのようです。しかし○○ソーなどの替刃は金切鋏で切れませんでした。焼入鋼帯のプレス打抜を真似てタガネで切って=割って切断しています。

金ノコ刃はヤスリが滑るし、ドリルも滑ります。NACHIとSANDVICの青はカンカンに焼きが入っていて刃がたちません。研ぐとよく切れて刃持ちもいいです。SANDVICの水色-青も焼きが入っていて穴あけできませんでした。

帯ノコは靭性を持たしてあるのですね。当然ですか。
非公開コメント