つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

西沢渓谷(山梨県)

本日は大雨予報の中、山岳会の月例山行で『西沢渓谷』に行って来ました。

 この時期長野県の山のほとんどは残雪の為、誰でも登ることが出来る訳ではありません。
参加者に高齢者の多い山岳会なので、雪の無い近隣の山に遠征して行くことにしています。
今回は山ではありませんが、観光コースとも言えない山梨県の”西沢渓谷”でした。


 山梨県は2月の大雪の為各地で被害が出ています。
4月の”身延山”でも大雪で倒れた杉の大木被害を見て来ましたが、今回の西沢渓谷は更に甚大な被害を受けていて、一番奥の登山道の橋が崩れたために通行止めとなっていて今の所復旧の目処が無く渓谷を1周することが出来ません。

 そんな訳で当初計画は渓谷1周でしたが、変更して最初帰路予定のコースを途中のシャクナゲの大群落まで行って引き返し、一旦戻って往路予定のコースの半分を行って滝を見て引き返すルートとなりました。
結果的には1周ルートと同じ様な距離となりましたが、精神的にはそれ以上の疲労感となってしまいました。

西沢渓谷1 < 雨の中スタートです>

西沢渓谷2 <”シャクナゲ”、”ミツバツツジ”が見事でした>

西沢渓谷3 <大雪の名残、残雪がまだ確りありました >


西沢渓谷4 <新緑の中の滝が綺麗でした>


西沢14 <戻って来ましたが、結局大駐車場には我々のバス1台のみでした>



 傘が手放せない1日でしたが、新緑の中楽しい行程となりました。
本来この時期なら多くの人で混雑するコースですが、大雪で登山道は通行止めの上、今日は大雨情報が出ていたので流石に人は居ず、本日このコースで出会った物好きは外に1組2人だけでした。


2014.05.21
関連記事

Comment

No title

私も行ったことがあるのを思い出しました。

いいところでしたが、雨や通行止めは残念でしたねえ。
非公開コメント