つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ナイロンコードカッター(草刈機)修理

 前回に引続いて”修理”の話です。

 天候が良くなってきて、雑草の成長が速い為刈払機(草刈機)の出番が多くなりました。
ここで刈払機で時々使っていた”ナイロンコードカッター”の本体ケースが壊れたので修理しました。

 刈払機のカッターは一般的には”チップソー”が使われています。
切れ味は良いのですが、石に接触したりして超硬チップが脱落して少なくなるに従って切れ味が落ちてきます。
畦板(プラスチック製)の際や、石の多い場所、石垣の際を刈る時この”ナイロンコードカッター”は中々便利な道具です。
又刈った草が粉々になるので刈った後の見た目が綺麗で後片付けが要らないのも利点です。(”ズクなし”にとっては便利な道具)

ナイロンコードカッター  <ナイロンコードカッターを取り付けた刈払い機>


 刃がナイロンコードなので、石と接触しても脱落しないので、チップソーの様に脱落したチップが飛び付いて痛い目にあうことがありません。
しかし小石を跳ね飛ばして痛い思いをしたことは度々ありますから、人が沢山通る場所や人家の近くでは使用しないほうが安全な道具でもあります。
又作業者も”めがね(ゴーグル)”は必須です。


 さてこの”ナイロンコード式カッター”ですが、これまで2~3年使っていたものですが、今回使用中に蓋(底?)が外れてしまいました。
プラスチックの蓋が本体の2個のフックで固定される構造ですが、この内の1個のフック部が破損して固定されなくなった為です。
本体がプラスチック製ですから衝撃に弱く大き目の石にぶつかった弾みで破損してしまったようです。


 このカッター購入は結構前のことで価格は忘れてしまいましたが、当時結構良い値段だったと思いました。
そこで一応ダメモトで修理することにしました。

修理前後2  <修理:(左)破損箇所、(右)修理済>

 破損したプラスチックフック(爪)の代わりに使ったのは、”空缶”。
Φ100mmの空き缶の丸みが丁度ケースの内径と一致していました。
この底を金切りはさみで切断して、フック部としてバイスで直角に曲げて作った部材をボルトナットで固定しました。

 本来破損爪は1箇所だけですから、修理は破損側だけ修理すればOKなのですが、もう1箇所も同じ部材を取り付けました。
このナイロンコードカッターは刃物でないので、高速回転で草をブッチ切るのが草刈の原理です。
ですから刈払機を常にフルスロットルで使わないといけない道具です。(その分ガソリンの消費は多く、全くエコな機械ではありません)

 従って片側だけ金属板+ボルトを取り付けると、重さのバランスが崩れて異常振動が発生して刈払機本体を破損する心配があります。
その為バランスを取る為反対側にも同じサイズの金属板とボルトナットを取り付けました。

修理前後1  <修理:(左)修理前、(右)修理上り>


 早速修理したカッターを取り付けて土手の草刈をやってみました。
元々安物で最近振動がますます大きくなって来ている刈払機なので、カッターのバランスが良くなっているのかどうかの判断はできません。
しかし殆ど振動はなく、むしろチップソーより振動が少ないくらいで楽に草刈を終了させる事が出来ました。
これでしばらく使えると思います。

2014.05.25
関連記事

Comment

非公開コメント