つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

栗の木伐採

 我が家で一番太い”栗の木”を伐採しました。

 数年前から毎年数本づつ栗林の伐採を行ってきて、残り3本となりました。
今年は五月連休中に伐採する計画でしたが、息子が出張になってしまって中止していました。

 先日息子がようやく帰国したので、ここで伐採を行いました。
本日は一番太い栗の木を1本伐採です。
この木の横には2年前まで部落で設置した”イノシシ捕獲檻(罠)”があって、この1列だけ伐採出来ずに残ってしまっていました。


栗伐採1 <残り3本 :本日は一番右端の1本です>

栗伐採21 <伐採>

栗伐採4 <本日の成果: 直径55cm、年輪から45年生と読めました>

 チェンソーのMS-260を持っていくべきでしたが、目立ての時間が無かったのと遠目でそれほど太いと思っていなかったので、MS-200を持って行きました。(甘く見ていました)
ところが思った以上に幹の下部は太くてバーが途中までしか届かず、意外に苦戦をしいられました。

栗伐採5 <枝払いは息子>


 やはりこれだけ大きい木は、一人で伐採するのに躊躇していましたが、安全上からも2人掛かりは正解でした。
枝払いや輪切切断は息子にまかせましたが、整理まで含めて一人なら2~3日掛かるところを、半日で終了することが出来ました。(若いとパワーが違う!!)

 切り倒した幹は2~3年乾燥させてからチェンソー製材したいと思います。
又残り2本どうするか検討中ですが、1本だけ(中央の木・・・余り実を付けない木)は枝を切り詰めて記念に残そうか、それとも全部切って桜を1本植えようかとも話しています。


2014.05.17 
関連記事

Comment

非公開コメント