つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

タケノコ行脚

 今年もまた”タケノコ”を求めて南信州方面(長野県南部)に行って来ました。

 タケノコに眼が無い我が家ではこの連休には恒例の”タケノコ行脚”です。
前は県外でしたが、3年前から県内のタケノコ産地に行っています。
毎年最初に行く産直を決めていますが、今年はその店に肝心のタケノコが1本もありません。
「今年は不作ですか?」と聞くと、「今朝業者がそっくり買っていってしまってなくなってしまった。」
とのこと、残念!!

 それでも周辺に産直は沢山あるので(但し値段が多少高くなります)、近くの別の産直で買ってきました。
今年は¥200/1kg。


タケノコ1 <購入したタケノコ: 生産者から教えてもらいました、タケノコの鮮度を保つコツは逆さにして保管するのだそうです>



タケノコ2 (2) <アク抜き: 帰宅後これを2回実施しました>


 前々から一度やってみたいと思っていた”焼タケノコ”をやってみました。
使ったのは”タンドール”。


タケノコ3 <”タンドール”で30分焼きました>



タケノコ4 <美味しく頂きました: ただ先端はアクが強すぎました>



 夕飯は”タケノコづくし”、”朝採り”のタケノコは本当に美味しいですね。


2014.05.05
関連記事

Comment

No title

我が家も筍は大好物です。

丁度、同じような南信州に用事があったので、仕入れてきました。

今年は女房が都合で食べれないので、少しにしましたが、やはり産地で仕入れたものは違いますね。

No title

5月10日に北陸へ行ったついでにタケノコを掘りについていきました。40本ほど掘りました。竹薮が斜面なので、上の道までタケノコを担ぎあげます。これより多いとくたくたになります。

夕飯は、タケノコご飯、お汁、煮物、キンピラとタケノコ尽くしでした。残念ながら焼きタケノコは試すことができませんでした。
まだ、毎日、食卓にタケノコがでます。

残りは正月のために塩蔵します。

No title

 先日購入したタケノコを親戚に配りましたが、その美味しさに感激されました。
自分で掘ったタケノコはそれ以上に新鮮で美味しかったでしょうね。
最近は産直に地場産の破竹も並んでいて、もうしばらくは美味しいタケノコが楽しめるいい季節ですね。
非公開コメント