つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

身延山登山

 今日は今年度最初の山行、山梨県の『身延山(1153m)』でした。

 今週初めから天気が不安定で心配しましたが、皆さん行いが良かった為かやや寒いものの晴天となり楽しい山行となりました。

今回の山行では特別に2つの目的を持って行ってきました。
その目的は、
(1)トランシーバーの通信性能確認。
(2)タブレットを使ったルートトレースの確認。


まず”トランシーバー”ですが、購入した”特小トランシーバーの実力が如何程の物か?”というのが最大の関心事です。
今回目的地は身延山ですが、2組に分けて、①ロープウェー組と、②参道登山組です。
この2組がそれぞれ1台づつトランシーバーを持って、時々交信を行いました。
その結果、

・1~2kmでも見通せる所だと明瞭に通信できる。
・距離が2~300mでも間に山があると、ほとんど繋がらない。
・樹林帯だとノイズが多く聞き取りずらい(木の遮蔽効果が大きい)


やはり山での連絡は携帯電話が使えれば、携帯が一番良好です。
トランシーバーは携帯が使えない時の最終手段ですね。



次に”ルートトレース”ですが、使ったアプルは前回同様”YamaNavi”。
こちらは登山中でも現在位置確認が問題なく出来ました。
ルートトレースは帰宅してからの記録確認となりましたが、確り記録できていました。

身延山0423 <本日のルートトレース>


 前回の記録間隔が1分毎で、非常に粗いルートとなってしまっていたので、今回”10秒毎”の記録設定にしました。
その結果実際に歩いたルート通りの記録が出来ていると思います。

 又心配した電池の持ちですが、今回7.5時間の記録時間でしたが、残り電池容量は82%となっていました。
意外に電池消耗が少なく驚きです。
これなら日帰りばかりでなく1泊2日程度でも問題なく使用できそうです。


2014.04.23
関連記事

Comment

No title

やはり、トランシーバーは昔と変わっていませんね。

実力が把握できて、使い方も判断できますね。。
非公開コメント