つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

猿防護柵(改造版)

 自作”電柵”を春の農作業開始に間に合わせようとやっていましたが、現状間に合わないのが明確となりました。
その為”防護柵”の増設が必要になってしまいました。

 ”ジャガイモの植付”は既に済ませ、今年も防護柵で確り囲いました。
何時もより畝の長さをが長くなってしまった関係で、従来の3組/1畝(6m)の防護柵ではカバーできず1組追加しました。
しかし追加した分の半分しか畝はなく半分無駄となっています。

 今回ばかりでなく前から、短い防護柵が必要な時が度々ありましたので、従来の半分の長さの防護柵を作ることにしました。
従来の長さは2m、今回のは1mです。


半サイズ防護柵  <半サイズ防護柵>



 出来た半サイズの防護柵は軽いので扱いが簡単で良好です。
従来の防護柵は長いだけに重量も結構あり、女性が扱うのに少し大変でした。
全てをこの半サイズにすれば良いとは思いますが、作る上では長いのもでも短いのもでもほとんど同じ工数で出来ます。
ですから今回は最低必要分だけ作ることにして、従来のもの2枚を切断して4枚に改造しました。


 防護柵を作るのは大変ですが(費用も)、これがなければ”猿の餌”を作っている様なものなので痛し痒しです。

2014.04.25
関連記事

Comment

非公開コメント