つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

雨水発電

 雨水タンクに貯まった水を使って”ハブダイナモ水車”の発電能力確認を行いました。

 少し前から雨水タンク”の使用を再開しました。
これまでに相当雨が降った日があったのでタンクはほぼ満水状態でした。
昨日は予報どおり雪が降ったりやんだりの天気で、午後一時猛烈な雪降りとなり屋根が真っ白くなりました。
しかし直ぐに太陽が出て、積もった雪は直後に消えてしまいました。
ところがこの雪解け水が雨樋と雨水タンクの入り口の繋なぎ目からあふれ出してベランダを抜けて1階まで落ちてきていることに気が付きました。

 この雨水システムは例年年末に使用を中止し雨水分離装置の撤去を行なっていましたが、昨年は排水口を開放して冬中垂れ流し状態にしていました。(撤去作業が億劫になったので)
先日の使用開始では、排水口の蛇口2箇所を閉めた(止めた)だけで終了、これは楽です。
その時は満水まで確認しましたが特に問題なかったので、冬季間垂れ流しで問題ないものと考えていました。
漏れの原因を確認したところタンクの設置位置が少しズレていて修正しないと直らないことが分かり、満水だと重くて動かないので1個のタンクだけ水抜きすることにしました。
タンクがPL製ドラム缶で空になると軽い為、冬場の積雪か強風でずれてしまったようです。


 せっかく満杯に貯まった雨水をそのまま排水してしまうのも勿体無いと思い、この水で”ハブダイナモ水車”の発電データを取ってみました。
それが以下の結果です。

発電能力
<発電能力データ: 無負荷でダイオードブリッジとコンデンサーで平滑した後の値>

 ホースを手持ちで行ったのと回転数は目視なのでデータの信頼性は低いと思います。(”実験ノート”はありません・・・なんのこっちゃ)
 雨水タンクは2Fベランダに設置してあるので落差は3mありますが、ビニールホースを使っているので径が細く最大流量でもこの回転数が限界のようでした。
又無負荷で行ったので後で負荷を掛けないといけなかったかと思いましたが、既にタンクの水が無くなってしまったので後の祭りです。

 バッテリー充電の為には昇圧前に7Vの程度は欲しいようなので、回転数を60rpm以上にしないとダメそうなことが分りました。
現在高速型のダイナモ水車を設計していますがこのハードルはかなり高そうです。


2014.04.07
関連記事

Comment

非公開コメント