つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ハブダイナモ発電(7) オートライト

 ”ハブダイナモ水車発電機”を電源とする街灯として使用する予定の”自転車用オ-トライト”の修理が終了しました。


オートライト <完成した、改造LEDオートライト>


 ハブダイナモ水車は24H稼動を予定しているので、昼間は電柵電源、夜は街灯で使う計画です。(あくまでも予定)
街灯用は自転車用オトライトを転用します。
自転車ライトはセンサーで夜間だけ点灯するようになっているので、このハブダイナモ水車でも都合良く使えると考えていました。


 以前自転車ライトを”LEDライト”に交換しましたが取り外した前のライト(豆球)が残っていました。
今回水車発電機に繋いで確認したところ全く点灯しません。
調べると正確には分かりませんが、基板の中の半導体が故障しているようです。
なんせ”IC”が使われているので、十分回路の解析が出来ません。
豆電球をLEDに簡単に交換するだけで使う前提でしたが、合わせて回路の改造もしてしまいました。


 交換するLEDランプは前回取り上げた百均の自転車用LEDライトからLED部(5球タイプ)だけ取り外して使います。


内臓回路  <オリジナルの豆球用内臓回路>


 センサーライトの回路の不具合原因は良く分かりません、CDSセンサー(光検出用)は正常なのが分かりましたので、これだけ残して残りは全て取り外しました。(ほぼ基板だけ使う状態です)
元々の回路にはIC(コンパレーター)が使われているのですが、私の能力では手に負えませんので理解できる単純な回路で組み直しました。


A回路改造  <回路改造1 :(左)元の回路基板、(右)基板だけ活用>




A回路改造2 <改造後回路2 :(左)表面、(右)裏面・・・トランジスタもダイオードもジャンク品の寄せ集め>



 ハブダイナモは交流発電機なので、この回路には”ダイオードブリッジによる全波整流+平滑回路”を組み込みました。

 改造品はハブダイナモ水車を使った試験では少し暗いようですが一応機能しました。
自動点灯回路も正常に作動しています。


2014.05.09
関連記事

Comment

非公開コメント