つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

福寿草が咲きました

 先日の大雪でどうなっているか、畑を見に行って来ました。

 まだ雪は30cm位残っていました、場所によっては50cmもあります。
まず車を止める場所を確保するため、雪掘りです。
雪は確り固まっていて、人が上に乗っても落ちません。
持って行ったアルミのスコップで端から立方体に切り出して、放り投げます。
雪山でテント周りに風除けの”イーグル”を作るブロック作りと同じ要領です。
但し雪がしまって重く、30cm立方で5~6kgあります。(ほとんど氷状態です)
1台分の駐車場を確保するのに1時間ほど掛かってしまいました。


 畑の横で早くに雪が解けた場所に、”福寿草”が咲いていました。

A福寿草 <福寿草>


 畑と山の境にある”農機具小屋”ですが、この雪で倒壊しないか心配していましたが、無事でした。
遠くから眺めた限りでは、屋根が少し波打って見えました。
これが今年の雪の影響か、以前からのものなのかは不明です。
いずれにしろ、来年に備えて内部補強は必要のようです。


農機具小屋 <農機具小屋>


 さて本日の一番の目的は、畑の横の”水路”の確認でした。
古い水路ですが”U字溝”で出来ているので、まだまだ確りしています。
夏場はU字溝の深さの1/3位は水が流れていたように思っていましたが、冬なので雪解け水がチョロチョロ流れているだけでした。
これではハブダイナモ水車が完成しても当分の間、試験は出来そうもありません。


水路 <水路>


2014.03.09
関連記事

Comment

No title

福寿草さきましたねえ、これも早咲き・遅咲きがあるんでしょうね。
我が家は雪が溶けて今日もみたら、顔は出しましたが、咲くのはいつになるやらです。

農機具小屋無事でよかったですね。やっぱ、ビニールハウスとは違いますね。

U字溝はこれは水量がかなり厳しそうですね。
勝手に個人で水量操作できないですよね。。。
非公開コメント