つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

バラ剪定開始

  うまさうな雪がふうはりふうはりと (一茶)

 今日の雪は一茶の句の様な降り方が長時間ありました。
このまま春になるのかと思っていた矢先、今日は一日降雪でまたまた真っ白な冬景色になってしまいました。



 さてまだ朝晩氷点下の日が続いていますが、ようやく日中は10℃を越える日も出てきました。
先日の大雪で出来た庭の雪山も、裏の用水路に少しづつ捨ててきたので、我が家の庭からはほとんど無くなりました。
そこで昨日は天気が良く温かかったので”バラの剪定”を開始したばかりでした。


 その剪定、まずは”ツルバラ”からです。
昨日半日で”ピエール君”と”カクテル”が終了しました。
”ピエール君(ピエール・ド・ロンサーンの我が家での呼び名です)”は最近元気がありません。
西向きで日当たりが悪く、冬場は根元が雪の集積場所になるなど環境が悪いのに加え、ここ2、3年素人剪定で花を沢山付ける様に、枝を伸ばしすぎたのが原因だと思います。
その為太い新しい枝が出てきません。
剪定結果、今年もあまり期待できないようです。


A選定前 <剪定前:(右)ピエール君、(左)カクテル>


A選定後 <剪定後>

2014.03.05
関連記事

Comment

No title

なかなか、大きな木ですね。

我が家も昔かなり頂いたですが、みんな枯らしてしまって、もうバラは止めようといっていましたが、女房の友人がかなり大々的にやっていて、刺激されて、数年前から再開しました。
我が家は庭も狭いので上を切って小ぶりにしています。
剪定の時期て今なんですか?秋にやりましたが・・・

No title

一般的に2月がバラの剪定時期となっているようですが、葉が枯れてから芽が動き出すまでの間にやればいいのではないかと思います。
特にツルバラは葉が落ちないと出来ないので、毎年この時期です。
非公開コメント