つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

加工用リンゴ

 今朝の最低気温は-7.5℃でまだまだ寒い日が続いています。

 さて時々”ドライアップル作り”をやっています。
寒い朝晩にだけ短時間点けている石油ストーブの上に置いて作っているので、1回作るのに4日間ほど掛かります。
それを食べるには1~2日で終わってしまいますから作るほうが全く追いつきません。

 これまでは格安なリンゴを購入して作っていましたが、それでも5~6個で¥300位はしました。
そろそろ安いリンゴが出回る頃になってきたので、松本の生産地に行ってきました。


A加工用リンゴ  <ジュース加工用リンゴ :¥100/6~7個>

 

 松本方面は先日の49cmの大雪でまだまだ道路脇には除雪された雪が山積み状態でした。
国道や県道など幹線道路は問題ないのですが、その外の細い道はほとんどが1車線で凍った圧雪道路を走るのでガタガタの大変な道でした。

 ”超格安リンゴ”ありました。
”ジュース加工用リンゴ”、¥100/6~7個です。
ドライアップル作りでは全く問題ないので、山ほど買い込んで来ました。


Aドライアップル <ドライアップル作り :この自作の道具で本当に美味しくできます>

 このドライアップル作り、味も良いですが作り始めの匂いが良いです。
部屋中に満ちるリンゴの甘い香りが本当に心地好いです。


2014.02.11
関連記事

Comment

No title

この籠?素晴らしいじゃあないですか!

イモ切もやりましたか・・・

Re: No title

 灯油ストーブの2次利用ですから、燃料費0です。
これほどエコな加工法は無いと思っています。
おまけに、驚くほど美味しいリンゴの食べ方です。

 サツマイモはサル被害の為かなり前に栽培をやめましたので、これで作ったことがありません。
昔は天日乾燥で作っていました。


リンゴを買ってみた

3月19日に塩尻に行ったらジュース用リンゴが2kg 120円で売っていた。ボケていそうだったが買って帰った。そのまま食べてみたら、ボソボソしていて甘いが酸味がなかった。でも買ってあった冷蔵リンゴより香りがよかった。
子どものころ春先は、貰ってきたボケリンゴでお腹を満たしていたのを思い出し懐かしく食べた。家人は口に合わないようで煮て瓶詰めになっていた。

No title

米搗(こめつき)さん お久し振りです
近くにお住まいの人でしたか、今後とも宜しくお願いします

 さて今のリンゴは”ボケボケ”の物が結構ありますね
ジュースにするには水分が少ないので煮るのは正解ですね

 又水分が少ないので”ドライアップル”を作るには最適です
速く出来ますし、味は全く変わりませんのでお奨めです
非公開コメント