つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

積雪50cm超

 オリンピック、”モーグルの上村愛子”ジャッジの判定絶対おかしい!!
どう見ても3位ですよね。(怒)


 さて昨日の降雪はこちらでも今年一番のものでした。
積雪は27cmだったようです。
これは東京都と同じです。
ただサラサラ雪だったので、朝昼晩3回の雪掻きも何時もより苦労なく出来ました。

自宅 積雪30cm <自宅:積雪30cm>


 今朝は朝から晴れていたので夜降った雪も含めて雪の片付けに1時間ほどかかりました。
その後奥さんの実家の雪掻きに行って来ました。
峠を1つ超えなければいけないので心配しましたが、これは全く問題なくというより、完璧な除雪で全く道路に雪が無くしかも所々乾いたところも有るような状態であっけなく峠越えとなりました。
昔は冬場にこの峠を超えるのは、非常に大変で”冬の難所”のひとつでした。
まだスパイクタイヤの時代でしたが、途中まで行って登れなくて引き返して別ルートで大回りして行った事も何回もあったほどの峠道です。
今回雪の無い峠道ですが通る車も無く快適でした。(そうなんです、雪が降ると敬遠してほとんど通る車がないのです)
逆に途中通過する市街地は除雪した雪を道に投げる人もいたりして、やっと1車線確保できている所もあったりで大変でした。


 目的地に着くと、これがまたまた大変でした。
先ず車が家まで入れられません。
元々車がやっと通れる細い道ですが、雪で余計細くなっていて軽自動車がやっと1台通れるかどうかです。
しかたがないので、手前の神社の参道に持っていった”スコップ”で駐車スペースを確保してやっとこさ車を止めてそこから100m荷物を担いで歩いてたどり着きました。
ご近所の人の言うのには積雪は50cm以上あったということです。
昨日は隣りの塩尻市で49cmだったと言う事ですから、この山の中ならそれ以上あってもおかしくないと思います。



積雪50cm <積雪50cm超>



通路確保 <通路だけ確保するので精一杯でした>



 昨日今日と2日間、雪掻きに追われてくたびれました。(ゴシタイ!!・・・こちらの方言で”疲れた”)
今季はこれで最後の”雪掻き”になってもらいたいものです。

2014.02.09
関連記事

Comment

非公開コメント