つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

水タンクの蛇口改良

 前回”温水タンク”の件を投稿しましたので、タンク繋がりで”水汲みタンク”の話です。

 ビールやこんにゃく造りに使う湧水の水汲みタンク(ポリタン)を新たに購入した記事を前に投稿しました。
それ以来ずっと使っているのですが、蛇口が非常に使いづらくて苦労しています。
今は古いポリタンの蛇口が共用できるのでそれを使っていますが、時々は使いづらい蛇口も使わないといけない時があります。


蛇口 <新タンクの蛇口>


 あまりに使いづらいので改良することにしました。
不具合点は2点あります。

(1)水の出る量が極端に少ない。・・・チョロチョロしか出ないのでイライラする。
(2)蛇口のパッキングが直ぐ外れるので、何時か失くさないか心配。



改良 <(左)改良前、(右)改良後>



 単に内部ノズルの開口部をハンダゴテで溶かして広げただけですが、お陰様で水の出が前の倍近くになりストレスがなくなりました。
又パッキングの脱落防止の為に、パッキングの入る部分の部材を同じくハンダゴテで溶かして突起を8箇所付けたので外れなくなりました。(多分大丈夫だと思います)
これはどちらも簡単に改良出来ましたが、これはメーカーの”設計ミス”の範疇だと思います。

関連記事

Comment

非公開コメント