つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ハブダイナモ発電(3)

 ”ハブダイナモ”の”水車”への固定方法を途中で設計変更しました。


 当初設計はハブダイナモを固定する中心部だけ別体にして水車本体から簡単に取り外し出来る構造の予定でした。
しかし水車の製作途中にそこまで考慮しなくても、水車の分解組み立ては簡単に出来ることが分かったので、一体構造に設計変更しました。
これがそもそもの間違いの元でした。

A穴あけ失敗  <穴あけ失敗: ねじれました>

この変更が水車の測板加工が完成した後だったので、設計変更箇所のケガキ位置精度が出せず、後で大変な修正を迫られる結果になってしまいました。


A修正 <修正箇所の数々: アルミテープ貼り付け箇所



組み立て2 <なんとか完成>



 一応形にはなりましたが、変更箇所の穴位置が狂って相当な修正を行なってしまいました。
原因は水車中心(ケガキのセンター位置)が無くなってからの追加工だったので、正確な中心位置(基準)が出せなかった事。
もう1つはハブダイナモのフランジに明いている穴(スポークの取り付け穴)が、左右で半ピッチずれていること。
これは最初から確り分かっていて、側板の取り付け穴位置を角度にして1/36(10°)ずらさなくてはいけないところを、製作途中の思い違いで1/18(20°/穴が18穴だったため)で計算してしまいました。・・・お陰で左右同じ位置になってしまいました。(トホホ・・・)

 
 最初からケガイてあればこの間違いはしなくて良かったと思います。(後の祭りですが)
一応修正はしたものの精度不良のままなので水車全体が少し歪んでしまっていますがマア何とかなるでしょう・・・??

2014.03.21
関連記事

Comment

非公開コメント