つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ハブダイナモ発電(2)

 注文していた”ハブダイナモ”が届きました。

 現物を確認出来たお陰でCAD設計が無事終了しました。

 自転車の車輪規格には”スポーク穴数”の違いで複数種類があるようですが、このハブダイナモは18穴(片側)でした。
これを間違うと取り付け穴位置が違って大変なことになってしまいます。
解説本を見た時水車の羽根の枚数が9枚となっていて不思議に思ったのですが、穴数18の半分の9を使っていることが分かりました。
私も9等分とすることにしました。
スポーク穴数に合わせて等分することで設計及び製作が格段に容易になりました。



ハブダイナモ 水車  <設計図:AR-CADで設計>


 これを元に早速水車の製作に掛かっています。

 まだ課題も残っていて”水車本体”への”ハブダイナモ”の取り付け方法に悩んでいますが、とりあえず水車を造りながら並行してもう少し検討する予定です。


 水車本体の材料は”カラートタン”です。
廃材のカラートタンもありましたが少し足りないので新品を1枚購入してきました。(これで水車3台製作出来ます)
これから全ての部材を切り出、加工します。


水車1 <ケガキ作業:またまた自作の”ビームコンパス”の活躍です>


水車2 <水車側面板:外周を折り返してあります>


水車3 <羽根(9枚)を加工しました>


 全てのトタン板は補強と端面での切傷防止の観点から、切断箇所から5mmづつ折り返してあります。
これによりかなりの剛性アップができたと思います。


2014.03.17
関連記事

Comment

No title

おお、本格敵になりましたねえ。

かなり燃えてやっている様子が目に浮かびます。

完成→試運転が楽しみですねえ。。。。

No title

Verdyさん こんばんは

 それほど燃えてやっているわけではありませんが、楽しみながらやってはいます。
しかしここで大失敗してしまいました。
現在そのリカバリー中です。
この件は又後日投稿します。
非公開コメント