つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ハブダイナモ発電

 ”電柵”の電源供給(案)のひとつとして”ハブダイナモ発電”を計画しています。
まだ”自作電柵”の影も形も無いのですが、それを飛び越えて”供給電源”の検討です。(笑)


 電柵を設置する予定の畑は、家から少し離れているので電源をどうするかで悩んでいます。
家から100V電源を引っ張るとなると30m位電線を引かないといけませんが、途中に道路と川があって簡単ではありません。
ソーラーパネルの設置が一番適当だと思っていますが、電柵そのものの構想が出来ていないので、まだ現段階では高額投資は出来ません。
まず電源電圧をどうするかを決めるのが先決だとは思っているのですが・・・


 そんな中で、安価で出来る『自転車用ハブダイナモ』を使った発電システムの自作本を図書館で見つけてしまいました。
”風力発電”と”水車発電”の2種類の造り方が書いてあります。
このハブダイナモの発電電圧は6Vだそうですが、昇圧回路を使えば12V鉛蓄電池への充電も可能なようです。
従ってもしこれが本当であれば、6V、12V、100V(変換して)の3種類の電源電圧の供給が可能となります。


Aブログ 本 ハブダイナモ <ハブダイナモ発電の本 :(左)水力発電、(右)風力発電>



 ”電柵”の電源として使うのも目的のひとつに違いありませんが、”ハブダイナモ発電”そのものに前々から非常に興味を持っていました。
これは比較的簡単に作製出来、投資金額も極めて安価です。
畑の横に水車発電に利用できそうな水路もあります。



 これはもうダメモトでも造るしかありません!!


 一応簡単な設計案を幾つか考えましたが、細部は実物がないと設計できないので、急遽”ハブダイナモ”を通販で手配しました。


ハブダイナモ <発注したハブダイナモ :¥2000也>



2014.03.07
関連記事

Comment

No title

なんか、未知の世界に足を踏み入れてワクワクしているのが、よーーーーーく伺われます。

どちらの方式も期待できますね、でも風は場所の問題や風力はどうなんですかねえ。

これから先のお便りが楽しみです。。。。

No title

 前から”ハブダイナモ”には興味がありましたので、楽しみです。
ただ発電能力が6V-2Wと非力なので、本当に役に立つのかは不明です。
電柵には使えなくても、街灯程度には使えるのではないかと期待しています。
非公開コメント