つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

こんにゃく製造条件

 今年はこんにゃく造りを本当に沢山やっています。
昨年度までは年間せいぜい数回の生芋こんにゃく造りでしたが、今年は既に十数回は越えました。
新製法の確立で、”美味しいこんにゃく”が作れるようになったためです。
お陰で『こんにゃくダイエット』を実行しています。・・・効果は??

 知り合いにも新製法をマニュアル化して配ったのですが、全員から”本当に美味しく出来た”との評価を頂きました。

 そんな中で更に色々条件を変えて試作をしています。
1回に生芋約500gづつ造るので、4~5年生の芋なら1個で6~8回造ることができますから、原料は同じで製造条件だけを変えての比較確認には好都合です。
但し1つの芋を使い切るのに1ヶ月以上掛かりますが、こんにゃく芋はその間全く腐ったりしないのが凄いですね。

 この比較実験の結果、美味しいこんにゃくの条件が少しづつ明確になってきましたので纏めてみました。

こんにゃく造り影響度 <影響度一覧表>


 この結果は数量的なデータが取れないので全くの私個人の主観です。
一例を挙げると”卸器”などは、ミキサーを使えばもっと綺麗な外観と滑らかな口当たりのものが出来ますし、人によってはその方が好みかもしれません。
私は昔ながらの”胡麻塩外観”が好きなのでその外観を良と評価しました。


 その結果で一番影響度が高いのは『水』だと思っています。
99%が水分であるこんにゃくですが、『こんにゃくは水が命』が実証された形です。
今回の大雪の最中にも作りました、湧水が使えなかったので久し振りに水道水で作ってみましたが、やはり残念な結果となってしまいました。
今後はこんにゃく造りには”湧水”だけを使う事にします。


2014.02.19
関連記事

Comment

No title

コンニャクは好物ですが、妻は好みじゃあないようで、なかなか食卓に並びません。

手作りコンニャクは昔母親が毎年作ってくれたのを思い出しました。
きっと湧水だとあの昔の味がでているんでしょうね(ヨダレ・・・)

Re: No title

Verdyさん
度々コメントありがとうございます。

 新製法(と言っても、こんにゃく屋さんの製法ですが)に変えてから、”ピンクこんにゃく”が出来なくなって、本当に美味しくなりました。
昔ながらのこんにゃくの味(多少エグミがある)ではありませんので、好みの分かれるところかもしれません。
ただ”こんにゃくは水が命”は昔から言われていますが、その通りでしたね。

非公開コメント