つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

木工雑誌購読手続

 ここで米国の木工雑誌『Fine Woodworking magagin』の3年に一度の購読継続手続きを行いました。

 私は昨年まで2種類ののDIY関係の雑誌を購読していました。
”Fine Woodworking” と”ドゥーパ”です。

しかし現在は”Fine Woodworking”だけになっています。 
この雑誌は私の木工人生の原点です。

改めて確認したところこの雑誌は講読し始めてから今年で18年目になります。
3年毎の更新ですが忘れた頃きちんきちんと必ず手続きの連絡があります。
都合これで5回目の更新です。
前回からNETで更新をするようになったので、直ぐに更新手続き完了のメール連絡があり大変気が楽になりました。
それ以前は郵送(航空便)で行っていたのですが、発行元からは何の連絡も無かったので次の雑誌が届くまで本当に届いているのかどうか大いに心配なところがありました。



FWW雑誌継続通知 <メールで瞬時に届く購読継続完了通知>



 今回も雑誌の購読料金は3年前と同じなのですが、今回は『円安』の影響で為替相場を見ているうちに申し込みが遅くなってしまいました。
前回は1$=¥85で更新しましたが、今回は1$=¥106です。(その差額、約+¥2,200)
為替相場を見ていて手続きを延ばし延ばしにしていましたが、円高になりそうに無いので諦めてここで手続きをしました。
3年間は”円高”になっても途中変更できないのは少し残念な気はしますが・・・


 この雑誌は年間6~7冊の発行なので保有総数は100冊を優に越えていると思います。
その全てをDBソフト『知子の情報』にデーターを入れて管理しているのでまだ全てが現役です。
時々工法等で分らないことがあるとDB検索して引っ張り出して読んでいますが、この木工の世界は18年前の技術でも全く問題なく使うことが出来ます。
本当にありがたい雑誌です。


 他方”ドゥーパ”ですが、半年位前からは購読していません。
2年間程購読しましたが、最近同じ様な企画が続くので面白味がなくなってしまい止めました。
こちらも同じDBにデーターを入れて管理していますが、検索でほとんどヒットすることがありません。
最近の私の興味のある方向と大きくベクトルがずれてしまった様です。(私がズレた?)

2014.01.21
関連記事

Comment

非公開コメント