つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

屑米処分(その2)

 『シャンパン風どぶろく』大成功です。

 どぶろくの醗酵は1週間で大分落ち着きました。
エアーロックが2分に1度作動するまでになりましたので醗酵も終盤だと思います。(ビールと同じであれば)
この間毎日1度かき混ぜました。(容器を持って振っただけです)
1週間目に試飲しましたが一応酒になっているのは分りましたが、旨さは感じませんでした。




Aどぶろく完成 <圧力容器に詰めた”どぶろく”:(左)詰めた当初、(右)現在>




 これをザルで漉して圧力容器(コーラのペットボトルです)に詰めて室温で5日間放置しました。
これで完成です。
試飲の為に容器のキャップを回したところ、プシューと中のガス(二酸化炭素)と共にどぶろくも噴出しそうになり慌ててキャップを締めました。
容器には醗酵で相当の内圧が掛かっているようでキャップは少しづつ様子を見ながら開ける必要があります。
(写真では、内容量が大きく違っています? ・・・ 途中で試飲をし過ぎました)

 この出来た”どぶろく”、中々旨いです。 感動ものです!!

 5日前には旨さを感じなかったのですが、今回は”コク”があります。
どぶろくも熟成期間が必要なようです。 

 さて本日は大晦日。
今年は念願のスイス旅行で久し振りに大いに感動できた一方、身内に不幸があったりと、良いことも悪いことも沢山あった大変な1年でした。
しかし終わってみればアッと言う間の1年となりました。
今夜はこれから”年越し蕎麦”を打って、家族全員で変動の歳を静かに送る予定です。


 今年1年ブログをご覧頂きありがとうございました。
良いお年をお迎えください。


2013.12.31
関連記事

Comment

非公開コメント