つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

屑ヤーコン2題

 昨年のヤーコンの出来はここ数年では一番の不作でした。
夏の暑さと水不足が原因だと思います。
収穫量は例年の1/3程度、例年なら捨ててしまう様な”屑ヤーコン(成長不良品)”まで入れて約半分程度でした。
そこでこの”屑ヤーコン”を使った話題を2題お届けします。


(1)凍みヤーコン
 朝の最低気温が-10℃前後の日が続いています。
この寒さを活用して今年も『凍みヤーコン』作りをはじめています。

屑ヤーコン1 <屑ヤーコン>


小さいので洗うのや、皮むきに時間が掛かって大変でした。
ガレージのコンクリート上に保管して有ったので、既に凍っているものもいくらかありました。


屑ヤーコン2 <1週間で完成した”凍みヤーコン”>


 ヤーコンの食べ方としてはこの”凍みヤーコン”はかなり優秀です。
普通の”干しヤーコン”より甘さが強い様に思います。
ただ色が悪く、黒く変色してしまうので、食欲をそそる色ではありません。
それさえ気にならなければ、一番簡単で旨いヤーコンの食べ方だと思いますので、”屑ヤーコン”の大量処理としては一番の方法です。

 我が家ではこの”凍みヤーコン”を水で戻して、煮物に入れていますがシャキシャキの食感は残っていて中々のものです。


(2)ヤーコン酢
 『ヤーコン酢作り』に挑戦しています。

 昨年ヤーコンの活用法として”ヤ-コン酢”が簡単に出来る事が分かりました。
たまたま偶然に出来たのですが、この”ヤーコン酢”が非常に美味しかった記憶があります。
この時は貯蔵してあった最後のヤーコンを使って極少量出来ただけだったので今年の収獲物で再度試したいと思っていました。

 この”ヤーコン酢”の作り方は非常に簡単です。
ヤーコンを卸し金やミキサーですりおろして、さらしで漉してジュースを搾ります。
前はジューサーでやっていましたが、後の掃除が面倒で今はこの方法にしています。
このジュースを瓶に入れてそのまま放置して置くと忘れた頃(2週間後くらい?)”酢”が出来ています。
今回酢の醸造過程で表面に白カビ(麹カビ?)がいくらかでましたが、これは”茶漉し”で漉すと綺麗に取り除くことが出来ました。
味には影響ありませんでした。


 出来たヤーコン酢を使って、サシミこんにゃく用の”甘酢味噌”を作りました。
今回出来た”ヤーコン酢”も刺激臭がほとんど無く、非常に甘味とコクがあるので味噌と良く合います。
これがサシミこんにゃくにも非常に合うと思いました。


ヤーコン酢 <完成した”ヤーコン酢”>


 このサシミこんにゃくを食べながら思いました、「これが本当の、”完全自給自足の食物”だ!」

 ただ良く考えると味噌は自家製ですが、大豆は地場産ながら購入品なので、自給自足率100%と言えないのが少し残念です。
今年は”電柵”で猿対策を行って、大豆の自作にも挑戦したいと思います。


2014.01.13
関連記事

Comment

ヤーコン酢できました

いつもお世話になります。先日、教えていただいた通りにやっとヤーコン酢を作りました。というか、ヤーコン汁を置いていたら勝手に酢ができました。ヤーコン芋には酢酸菌が付いているんですね。簡単で美味しくて重宝しています。
 柿栖は赤ん坊でもできると言いますが、それよりもっと簡単でした。凍みヤーコンも小腹の空いたときつまんで食べています。
 タンドールも焼き芋、焼きジャガ、お焼きなど真似させていただいています。
 お味噌のクマザサマットも手回しミシンで縫い味噌蓋にしました。初めてのことで蓋を開けるのが怖いですが、きっとカビ無しのお味噌が出来上がることでしょう、楽しみです。
 すみません管理人さん、勝手に真似して事後報告お許しください
 

No title

 万年かぶらさん お久し振りです。
色々試されて成功しているようですね。
おっしゃるとおり”ヤーコン酢”は何もしないうちに出来てしまうのが良いですね。

 又クマザサの防カビ対策は、このブログを読んで実践されている人が沢山居るようです。
皆さんその効果に驚いているようで、失敗した人が居ないところをみると相当効果が高いと思われます。
更に”クマザサマット”は味噌の取出しが本当に楽になりました。
思いつきで作ってみましたが、自分で感心してしまった自慢の優れものです。(汗)

 尚ブログ内容は公開ですから自由にご活用ください。
万年かぶらさんのようにその結果を都度ご報告頂ければ励みになりますので、今後とも宜しくお願いします。


 
非公開コメント