つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

こんにゃく型枠

 こんにゃく作りに使用する『型枠』を作りました。


 こんにゃく作りでは凝固剤を加えた後、”型枠(流し箱)”に流し込んで成形します。
生芋を使ったこんにゃく作りでは、500gの生芋を使うと約3㍑の体積となるので、これ以上の容量の四角い容器が必要です。
これは容量としてはかなり大きいので今までは適当な容器が無く、ホーロー製の”パン捏ね機の蓋”を転用していました。
しかし隅Rが結構大きいので切り分けた時の形が不揃いで、人にあげる時少し気になっていました。


 そこで型枠を自作することにしました。
使った板は、チェンソー製材した”ヒノキの板”です。


ヒノキ板1 <ヒノキ材の原料板:長さ2mx厚30mm、ソリ大>

ヒノキ板2 <厚み20mmにカンナ掛け>

こんにゃく型枠 <完成した型枠>

 
 型枠の寸法は、内法□300mm角×深さ75mm、容量6000ml
原料板の幅が狭かったのでピスケット接合しました。
接着剤は耐水性があり、アメリカで食品用使用を認定されている”タイトボンドⅢ”を使っています。
日本にはDIY用で食品用に使用できる接着剤が簡単に入手出来ないのが残念です。



 この型枠は完成したこんにゃくの体積に多少変動があっても、上から落とし蓋で確りプレスできるので綺麗に成形出来るハズです。

この型枠を実際にこんにゃくを流し入れてみました。

型枠1 <型枠に流し込んで成形>

型枠2 <型枠を外した状態>



冷却後型枠(側枠)は綺麗に外れましたが、蓋と底板からこんにゃくが離れません。
確り接着(粘着)してしまいました。
しかたないので最終手段として包丁を差し込んで切り離しました。
お陰で綺麗な形が出来るはずの型枠でしたが余計凸凹の酷いこんにゃくになってしまいました。


 考えてみれば”こんにゃく糊”は戦時中に風船爆弾を作った位、耐水性のある非常に強固な接着剤ですから、木とは簡単に接着してしまうようです。
型枠として使うには分離する為の何らかの対策(塗装)が必要の様です。

と言う事で残念ながら型枠は使用中止して、再検討です。


2013.12.17
関連記事

Comment

こんにゃく木型も便利ですね

こんにちは ついに型枠を作られたのですね。我が家にもありますが小さ目のを数個作り蓋なしです。私は雑なので型に入れて濡れた手で表面を撫でて平らにします。底板は水でぬらしてから使います。作るときは接着剤は使わずステンレス釘を打ちました。
以前テレビで見たときは型に入れ手でならしてそのままお湯にドボンと入れてました。底板には取っ手があったと思います。
 しかし、確かにこんにゃくを木型に入れると時間がたてば板にくっつきますね。薄い竹べらか糸で切って剥がすことはできませんか?。
 私はついこの前まで豆腐のパックを型にして入れていましたが洗うのにぬるぬるがなかなか取れず、遂にてここら辺の人たちがやっているように手で丸めました。格好はともかく後片付けが大変に楽でした。四角いこんにゃくは人様に差し上げるのに格好はいいですけれどね。

ところでピンクのこんにゃくいいですね。4年目の生芋を初めてミキサーにかけて作ってみましたが残念ながらピンク色にはなりませんでした。こんにゃく芋の種類が違うのでしょうね。味は良かったように思えました。
 出来が悪かったせいかマンナンが少なく糸こんにゃくがうまくできませんでした。こんにゃく芋は5年目には花が咲くから4年目までにしなければと教えらえていたのですが5年芋が出来るのなら来年は5年目に挑戦してみます。

Re: こんにゃく木型も便利ですね

万年かぶらさん、今晩は
何時もコメントありがとうございます。

型枠ですがこれまでは”蓋”で代用していたのですが、”新製法”に変えてから柔らかすぎて取り出しに苦労していました。
”木枠”も水で濡らしてから流し込んでいたのですが、それでもダメでした。更にもう少し工夫してみたいと思っています。

 ”ピンクコンニャク”も”新製法”に変えてから、ピンク色にならなくなりました。やはり不純物の色だったようです。
お陰で色は悪いですが、その代わり”エグミ”が無くなり、非常に好評です。

 さて5年ものの栽培ですが、花が咲く時があります。
花は一旦咲いてから根元から枯れますがその後新しい芽が出て、又成長を続け芋は大きくなります。
こんにゃくの味にも影響が無いので、大丈夫だと思っています。
品種が違うと分りませんが、一度挑戦してみてください。


非公開コメント