つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

雨水タンク店仕舞

 今年も十分に使わせて貰った『雨水』でしたが、ここで冬季休業に入りました。


 大根や野沢菜の漬け込みも終了したのでこれから雨水を使う予定はありません。
毎年凍結破壊で失敗しているので今年は早めに店仕舞いすることにしました。
毎年”集水口”及び”配水パイプ””を外していましたが、今年はそのままで出口の蛇口だけ開放して水を垂れ流しにします。

A店仕舞
<雨水タンク全容: 今年は”初期雨水タンク”はありません> 


 そこで水抜きしながらタンク内部の清掃をするつもりで蛇口をひねりましたが水が出ません。
先日の朝の最低気温が-4℃だったので、凍り付いたかと思って蛇口をバーナーで加熱しましたが出ません。
例年-4℃以下になると凍ってパイプ破損させていましたが今回はそれとは違って何か変です。

 色々調べてみたところ、2つのタンク共既にまったく水がありません。
どうも先日暗くなってからコンニャク芋を洗った時、蛇口を閉め忘れてそのまま水抜き完了となってしまったようです。

 今年は”初期雨水タンク”が劣化破損してしまいましたが、適当な容器(25㍑/¥100)が入手できなかったのでそのまま無しのままでした。
従ってタンク内の汚れは例年より大きいと思いますが水が無くなってしまったのでタンク内部の洗浄は出来ません。
その外は問題ないのでこのまま今年度の雨水システムは店仕舞いとしました。
多分冬場の雨や雪解け水が通過するので洗浄できるのではと思っています。


 この”雨水システム”、今年は途中で一度もタンクが空になることも無く、十分に活用させてもらいました。
夏の後半は極端に雨が少なかった様に思いましたが、それでも平均すると比較的雨の多かった年だったと思います。


関連記事

Comment

非公開コメント