つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

白滝作り

 現在『白滝(糸こんにゃく)作り』に挑戦中です。

新しいこんにゃく製法に自信がついたので”白滝作り”を始めました。
これまでにも”白滝作り”はやっていて、一応”白滝もどき”までは製造出来る様になりました。
しかし何時も成功するとは限らないのが玉に傷で、成功の為には原料の”安定したこんにゃく品質”が課題でした。
ところが今年新製法でのこんにゃく作りを繰り返した結果、そこそこ安定した品質の作りこみが出来る様になりました。
そこで再度”白滝作り”に挑戦しています。


 これまで使っていたのは”水鉄砲”の様な突き出し器具でした。

これを使っての白滝作りが上手く行かなかったのは、原料のこんにゃくを突き出すのに非常に大きな力が必要で、突き出せるかどうかは原料のこんにゃく品質(粘度)次第なのが一番の原因でした。

 今回の白滝作りでは、”突き出し器”の改良をしてきてこれが3作目となりました。
今回の白滝作りでは”卓上ドリルプレス”を使うことを前提にして改造しています。
”テコの原理”を利用して軽い力でこんにゃく糊を押し出す事を狙っています。



白滝製造器2 <空缶利用の突き出し用容器>



白滝製造器4 <白滝製造器 :卓上ドリルプレスへセット>



 装置の木製部分は汚れ防止と耐水性向上の目的で”クルミ油”を2度塗りしました。
クルミ油が乾くのを待っていよいよ白滝製造に着手予定です。


2013.12.09 
関連記事

Comment

非公開コメント