つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

自然薯get

 このブログからもリンクを貼っている『八ケ嶺ファーム』さんの”自然薯”をGETしました。

 山岳会のメンバーでもある”八ケ嶺ファーム”さんは今、農業での自立を目差して精力的に野菜作りに取り組んでいます。
色々試験栽培をされていますが、その柱として考えているのが『自然薯栽培』だそうです。
彼のブログで分る通り、有機栽培、無農薬栽培、に独自の哲学で意欲的に展開中です。

この行動力こそ『ズクがある!』の典型ですね。

 今年はその自然薯栽培1年目,
これまで全く経験が無い中、試行錯誤手探りでようやく販売まで漕ぎ着けたと先日メールを貰いました。

 詳しくは”八ケ嶺ファーム”さんのブログに記述がありますのでここをクリックして読んで下さい。


 さてその出荷された自然薯をGETしました。


自然薯2 <自然薯>


 長さ1m近くもある立派な自然薯です。
自然薯はこの長さに商品価値がある様ですが、簡単に折れそうで扱いが大変ですね。
何事にも超几帳面に取り組んでいる”八ケ嶺ファーム”さんだから出来る事で、いい加減な性格の私は見ただけで御免こうむりたい代物です。
 
 
 早速”麦飯とろろ”で頂きました。
自然薯自体まともに食べるのは今回初めてです。
陶器のおろし器を使っておろしましたが、おろした自然薯がスッポリと取れたのにはビックリです。
普通の長芋とは全く別物で、色々と驚きの食材でした。
泥縄ですが、今”自然薯レシピ”捜しをしています。


2013.11.23
関連記事

Comment

非公開コメント