つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

クマザサマット(その2)

 自力で『クマザサマット』を作成しました。


 先日奥さんにクマザサマットを作って貰いましたが、苦労した割りに雑な作りとなっってしまったので検討をしていました。
奥さんにミシン掛けをお願いしましたが、製作意図が上手く伝わらなかった事もありこの点でも失敗でした。(やっつけ仕事?)


 そこで今回改善策として、その時考えた簡単な”治具”を使って作ってみました。
今回はミシン掛けも自力です。
ミシン掛けをしたのは小学校の”家庭科”以来です。
当時は確か”足踏み式ミシン”だったと思います。(流石古い時代の人だ)
最初ミシン掛けの練習をしてからと考えていましたが、面倒なのでぶっつけ本番でやりましたが思いの外上手く(?)いきました。
電動式なので、はっきり言って機械が勝手に縫ってくれたと言う事でしょう。(治具が優秀・・・??)


A治具
<治具2サイズ: 間違って一緒に縫っても大丈夫な様にダンボール製です(笑)>


治具へセット
<治具にクマザサをセット>


ミシン賭け
<クマザサを治具で押えてミシン賭け>


クマザサマット完成
<縫製上がり/容器サイズで周囲を整形して完成>



 以前”ホバークラフトのスカート作り”のミシン掛けでも奥さんに頼んで苦労しました。
これであの程度のミシン掛けなら自力で何とか出来そうな自信が付きました。(超自信過剰?!)


2013.12.03
関連記事

Comment

非公開コメント