つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

クマザサマット

 先日自家製味噌のカビ対策で味噌の上に”クマザサ”を敷き詰めました。
その時採ってきたクマザサがまだ相当量残っていたので検討していました。

 味噌カビ防止にクマザサは効果絶大であることはこれまでの実績から明確です。
しかもこれが近間で簡単に調達出来、タダなのが一番気に入っているところです。

しかしひとつだけ欠点があります。
それは取り扱いが非常に面倒だと言う事です。


味噌を取り出す都度、上のクマザサを1枚づつ剥がさないといけないのです。
・上に置いた葉っぱは丸まってしまって、次に使う時には大変。
・味噌に直接接触している葉っぱは剥がした後注意しないと、味噌があちこちに付いて始末が悪い。

 この解決策として前々から構想がありましたが今回は本当に緊急対応だったのと、その実現が”自力”ではできないので諦めました。
しかしここでようやく実現できました。

『クマザサマット』です。


クマザサマット <クマザサマット>


 ミシン縫いで作ってありますが、自分で縫えないので奥さんに縫ってもらいました。
もう少し綺麗に作りたかったのですが、葉っぱの扱いが中々難しくやっとこの程度です。
もちろんこれでも十分機能すると思いますが・・・


2013.11.25
関連記事

Comment

非公開コメント