つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

”生芋こんにゃく”押し売り行脚

 新製法で完成した”こんにゃく”と”自ビール”をお土産に、薪宅配業のFさん宅を訪問してきました。

 Fさんも前からこんにゃく栽培をしていますが、これまでの製法には満足できず、「エグミや内部変色の無い製法があったら教えて欲しい。」と言われていました。
加えて前々から我が奥さんからも「Fさんの奥さんに一度是非会ってみたい」と強い希望がありましたが実現できずにいました。

 昨年も冬場は1日も休まず薪の宅配で駆けずり回っていたと聞いていましたので、冬前の小春日和を選んで行ってきました。
家族4人全員で丁度新しい”薪ストーブ”の設置作業の真っ最中、屋根の上では2人の息子さんも懸命に工事をしていました。


薪ディスプレー <入り口のディスプレー>


 薪の宅配業の方はますます拡大しているようで、薪置き場(乾燥場)は昨年の数倍になっていました。
最近”農文協”から『薪&ロケットストーブ』というDVD付き特集雑誌が発売になって、此処にも掲載されているそうで忙しい日々を送っているようです。


雑誌 <掲載雑誌>


 庭には”名古屋コーチン”と”チャボ”が放し飼いになっていたりして長閑な中、ご夫妻と小一時間四方山話をして来ました。
 女性同士はこれまで手紙のやり取りだけで会うのは今回初めてでしたが直ぐに意気投合し、初期の目的が達成できたようでした。

 
 さてせっかくの薪ストーブ設置の最終日にお邪魔して長居をしてしまいましたが、無事”火入れ”が出来たでしょうか?
色々お土産まで頂いてありがとうございました。

”鶏の分娩室”から頂いた”生み立て卵”美味しくて感激しました!!!


2013.11.19
関連記事

Comment

非公開コメント