つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

”こんにゃく作り”初め

 収獲したこんにゃく芋を使って今年最初の”こんにゃく作り”をしました。

我が家のこんにゃく作り担当は奥さんです。
私はこんにゃくを栽培して、芋を綺麗に洗うまで、後は奥さん任せです。

 それにしてもこんにゃくの作り方は本当に沢山あります。
これまでWEBで捜して色々やって見たようですが、最近はミキサーで粉砕してから過熱して炭酸ソーダを加える方法に落ち着いたようです。
こんにゃく作りでは生芋がある内はこれで作るのが一番速いそうです。
推測で言っていますが、こんにゃく作りの最中は出来るだけ台所には近づかない事にしているからです。
こんにゃくを作っている時は、出来るだけ手際よくやらないといけないそうで、殺気立っていて危険なので”君子危うきに近寄らず”ということにしています。


こんにゃく1 <こんにゃく芋 :3.5kgありました>


こんにゃく2 <洗浄 :亀の子タワシで綺麗にします・・・私の担当はここまでです>

こんにゃく3 <こんにゃく芋の断面・・・5年ものですがピンクではありませんでした>


こんにゃく4 <完成したこんにゃく ・・・何時もよりピンクです>



 またまた綺麗な濃いピンク色のこんにゃくになりました。

 ピンクこんにゃくは『幻のこんにゃく』と言われることもあるそうですが、我が家では作るこんにゃくは何時もピンクです。
この原因についてこれまで色々調べたり、長年栽培している人にも聞いてみました。
栽培土壌説、添加アルカリ説等諸説あるようではっきりは断言できませんが、3年生以下の芋からピンクになる事はほとんど無く、4年生の芋の中にはピンクになる事があり、5年生以上からはピンクの確率が高くなるようです。
我が家ではこれまでほとんど5年生の芋を使っているので、ピンクのこんにゃくが自然に出来てしまうようです。
ただ昨年5年生の芋から作った”荒粉”を使ったこんにゃくはピンクにはならなかったので、生芋でないとダメのようです。

2013.11.11
関連記事

Comment

非公開コメント