つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ヤーコン茶

 今年も”ヤーコン茶”の製造時期になりましたので、昨日から自作の乾燥機に入れて乾燥を開始しました。

 今年のヤーコンは10年に一度の大不作です。
夏場に暑過ぎて生育が遅れて例年なら2.5m近く伸びる草丈が今年は1.5mしかありません。
おまけに葉の摘み取り時期に台風が連続して襲来した為、摘み取りが出来ず量も例年の半分以下です。
もう少し摘み取りを予定していましたが、ここで”霜”が降りてほとんどの葉が枯れてしまいました。

 摘み取った葉っぱも天候不順で天日乾燥が十分に出来なかったので、昨日から生乾き状態で自作の乾燥機に投入しています。
何時もなら乾燥時間も1サイクル3時間程度で終了するのですが、今年は安全の為2サイクル6時間乾燥することにしました。

ヤーコン茶1 <乾燥中>

ヤーコン茶2 <”お茶”製造中>


 全草健康食品と言われているヤーコンです、ヤーコン茶を飲み出してから5年くらいになりますが、ヤーコンの効能は良く分かりません。
これまで医者にも掛からず元気で山登りできているのが、その効能でしょうか?
害が無さそうなので継続して飲んでいるといったところです。

 これまではこのヤーコンも葉を”お茶”にする以外の活用法がなったので、毎年収獲した芋のほとんどを腐らせてしまっていました。
ところが昨年、『ヤーコン糖』と『ヤーコン酢』を試しに作ってみたところ、これが非常に好評でした。
しかしそれに気が付いたのが貯蔵していた芋が終わる頃だったので十分な確認が出来ないまま終了してしまいました。
今年はその辺の確認を改めて行いたいと思っています。

 
 しかし今年は大問題があります。
ヤーコンの出来が非常に悪いのです。
昨年までは、収獲した大量のヤーコンの処分(貯蔵場所)に困って、押し売りの様に欲しい人にほとんど配っていましたが今年はどうやらそれは出来そうもありません。
11月に入ったら掘り上げたいと思っていますが、その結果次第です。(そういえば、もう11月ですね)

2013.11.01
関連記事

Comment

非公開コメント