つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

高所バリカン

 時々庭木の剪定・刈り込みを行いますが、使う道具の主役は”バリカン(刈り込み機)”です。
作業効率が良いのですが、重いので長時間の作業は大変です。
しかし植木が高かったり、三脚の設置位置の問題で手が届かず、もう少し長ければ良いのにと思う時が時々あります。

 この用途では”高所バリカン”という専用のバリカンもありますが、とても高くて買えないので、自作しました。


バリカン1 <自作長柄>

バリカン2 <取り付け時:75cm延長できました>

バリカン3 <固定部拡大>


 工具がなくても簡単に(??)に取り付け出来る様に考慮しました。
バリカンは元々重いのですが、柄を長くする事で余計重さを感じます。
片手で操作するのは大変ですが、両手なら何とかなります。


Aハクロニシキ1

Aハクロニシキ2
<ハクロニシキ刈り込み>

 
 確認試験として”ハクロニシキ”の刈り込みを行いました。 
高さが3m近くあるので、何時もは脚立に乗って行なわないといけない刈り込みですが、今回は脚立なしでも頂点まで刈り込みが出来ました。

2013.10.27
関連記事

Comment

非公開コメント