つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

畑の冬支度準備

 この1年、中々思う様に出来なかった農作業ですが、寒くなって来て段々後始末を開始する時期になって来ました。

コンニャクはこの寒さでほとんど枯れました。
来週あたり堀上げ予定です。
ヤーコンは高さ1.5m、これまでの栽培した中で一番低い草丈記録となりました。
従って”ヤーコン茶”用の葉の乾燥は例年の1/3程度に留まっています。
霜さえ降りなければもう少し乾燥出来そうなのですが・・・?
芋は11月に入ってから収獲します・・・こちらはもっと期待薄です。


10月末1 <コンニャクは寒さで枯れました、奥は貧弱なヤーコン>



 今年の作物の中で最も好評だったものが”伏見トウガラシ(京野菜)”でした。
これは猿避けの目的で購入しましたが、辛さが全くなく猿対策にはなりませんでした。
しかし8/末から今日まで、週2回、毎回ビク一杯超を収獲し、ご近所にも配って好評でした。


10月末2 <伏見トウガラシ:まだ採れそうです>


10月末3 <オヤマボク:無事冬越し出来るかが今最大の関心事>


 植替え時期でない時に植替えをしてしまったオヤマボクチも無事活着したようです。
最終的にはこの冬を無事に越してくれるかが問題です。

2013.10.23
関連記事

Comment

非公開コメント