つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

『宝永山』登山

 今日は所属する山岳会の創設55周年記念登山として富士山の『宝永山(2,693m)』に登ってきました。

超大型台風26号でどうなるか心配していましたが、非常にスピードが速くなったのが幸いして台風一過晴となりました。

 今回19名の会員が参加、平均年齢7?歳。
最高齢はAさんの86歳、頂上まで確り登ってきました。これには驚きました。
日帰り登山としてはかなりの遠距離となり、バスでの長旅にも関わらず、皆さん元気でした。
ただ今日はこの秋一番の冷え込みで、富士宮口5合目で0℃、山頂付近では氷点下だったのではないでしょうか。



宝永山1  <五合目では0℃>


宝永山2 <目差す宝永山>

宝永山3 <宝永山から富士山山頂>


宝永山4 <記念撮影>

2013.10.17
関連記事

Comment

非公開コメント