つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

桑の木

 桑の木の皮むきをしました。

 かなり以前から作付けしていない畑ですが、3軒の畑の境界線上の微妙な位置に桑の木がありました。
何処の家の所有物か不明であった為(単に私が知らなかっただけですが)長い間手を付けていませんでした。
ところが最近あまりに枝が伸びて、トラクターでの草掻きの邪魔になって来た為、確認したところ実家の所有であることが分りました。(お粗末な話です)


 そこで枝をバッサリ切って丸坊主にしました。
切った枝は10年程伸びっぱなしであった為、かなり立派なものでした。
『桑は良い材だ!』と聞いていたので、皮むきして乾燥しておくことにしました。
これには細い枝まで剝いたのでほぼ1日掛かってしまいました。



A桑の木 <桑の木:木肌が本当に綺麗です>


 桑は家具材料としては極めて優秀だそうです。
かつては養蚕で全国で栽培されていた為、家具材としての供給もあったようですが、養蚕の衰退と共に木そのものがほとんど無くなり、今では極めて貴重なものだそうです。

 今回切った桑の木は太いものでもΦ70mm位ですから、サイズ的には作るものの制約があります。
そんな訳でまたまた使う目的の無い乾燥材が増えてしまいました。
マァ、乾燥に2年程掛かりますから、それまでに内何を作るか考えたいと思います。

2013.10.15
関連記事

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント