つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

TV用スピーカー

 ここで廃家電を大量に処分しました。

 奥さんの実家から、使えない家電製品が沢山出てきましたので持ち帰ってきました。
私の家の近くに”廃品無料回収所”があるので、ここで処分する為です。
TVが1台、ファンヒータが2台、オーブントースターが1台。
特に古い方のファンヒーターは曲者で、移動しようと持ち上げたところ灯油が溢れてきました。
どの位前のものか不明ですが、タンクに灯油が入ったままだったのです。
幸い早く気が付いて慌てて外に投げ出したので、家の中にこぼれた灯油は極微量で済みました。


廃家電 <処分した家電品>



 さてTVですがブラウン管の前の保護ガラス(強化ガラス)が欲しくて分解したのですが、一昔前のTVと違ってこのガラスがブラウン管と一体となっていて取れない構造で諦めました。
そこで分解したついでに何か無いかと捜したところ、”スピーカー”がありました。

TVSP.jpg <昔のTVはスピーカーも大きい>


SP比較 <スピーカーの性能比較>

 このスピーカーはユニット化されていてそのままの状態で鳴らすことが出来ます。
そこで自作のパイプスピーカーと聞き比べてみました。
どうせTV用のオマケみたいなスピーカーだと思って甘く見ていましたが、これがびっくりするほど良い音で鳴ります。
それにプラスチックのハウジングにもかかわらず、相当パワーを上げても全くビビリません。
抜けはパイプスピーカーには敵いませんが、高音も低音もバランスよく出てきます。
特に低音はパワーも質もパイプスピーカーより数段上です。
”流石元(?)音響メーカー”、TVのスピーカーにも気合が入っていました。


SP概観 <バスレフ型BOX>


SP内部 <スピーカーも一応本格派?>


 このSPユニットの音作りが非常に良かったので、このままで楽しむ事にしました。
ただ先端の邪魔なプラスチック部材だけはカットしました。



 思わぬ拾物のスピーカーに浮かれていて、後でオーブントースターの耐熱ガラスを外すのを忘れて無料回収所に出してしまったことに気が付きました。
これも貴重品だっただけに、残念!!


2013.10.05
関連記事

Comment

非公開コメント