つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

台風18号

 台風一過、今朝は快晴で一段と透明感を感じる朝でした。
お陰で最低気温は10.6℃、これが一桁になる日ももう直ぐです。


 さて昨日は”台風18号”で日本中大荒れでした。
私の小さいころは”伊勢湾台風”、”7号台風(何時の7号でしょうか?)”等長野県への被害が大きかった台風がありました。
実家が川の傍だったことから、水が見えないくらい川一面に流れる材木を見たり、川を流れる大岩の振動で家が揺れた記憶があります。
が、それ以降は何故か台風の記憶がありません。
多分台風のコースが幸いしているのだと思います。


 全般的に台風の影響の少ない長野県ですが、それでも昨日の台風では局地的に大きな被害が出ている所もあったようです。
しかしその中で私が住んでいる地域は特に台風の被害が少ないと感じています。
近県の被害で鉄道が止まったり、高速道路が通行止めになったりはしますが目立った大災害はあまり聞きません。
四方を高い山で囲まれている盆地という地形的な影響が大きいと思います。
そこでそれを確かめるべく、昨日の雨雲の動きを時間経過で取ってみました。


台風18号統合①
<レーダー降水ナウキャスト(気象庁)/ピンク丸印が私の居住地>


 最接近したのは10時頃のようですから、これを見ても台風の進路が非常に近かったにもかかわらず、此処だけ”空白地帯化”していることがよく分りました。
雨も風も大したことなく、暴風圏内にすっぽり入った事もあとで知ったくらい拍子抜けの状況でした。
やはり高い山の恩恵を非常に大きく受けていると思います。


ということで同じ長野県でも被害に遭われた方には申し訳ありませんが、この台風の来る前にリンゴや梨を慌てて収穫した農家が多かったとニュースでやっていましたので、安く売りに出ないか期待しているところです。


2013.09.17
*****************************

 その後分った事です。
この台風の影響が意外に身近なところでありました。
奥さんの実家の周辺では、蔵の屋根が飛ばされたり、山のかなり太い木が根こそぎ倒れていたり、山の斜面も方々で崩れていました。


 気になって奥さんの実家の周りをひと回りしてみましたが、家も畑も山も特に被害はなくホッとしました。
ただ少し傾斜している畑では、雨水が畑の土を押し流した跡が確り残っていました。
私の住んでいるところから20キロ程度しか離れていませんが、相当な強風と雨が降ったようです。
この差は多分地形的な影響が一番大きいのだと思います。



 
関連記事

Comment

非公開コメント