つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

電柵自作

 前に今年度実現を目論んでいる”自作電柵”の件を書きました。
寒さで作業が遅れていますが最近比較的暖かくなって来たので、少しづつ案の検討をしています。


 これまでの検討段階に於ける実力(?)を画像でお見せします。

A電柵電源 <電源候補:(左)電撃殺虫器、(中)電撃ラケット。(右)イグナイター>



A電撃殺虫器 <<②電撃殺虫器>>


Aイグナイター <<③イグナイター>>


この結果から、

■”①ラケット”は3Vと低圧で使用できますが、2次電圧はかなり低そうです。(マルチメーターでの測定不可)
ハエや蚊程度には良いと思いますが、サルにはどうでしょうか?
相当な改造が必要と思われます。

■”②電撃殺虫器”はそこそこ強力ですが、畑で100V電源を使用するところが課題です。
 ただ改造する本体の入手は楽で、値段も廉価です。

■”③イグナイザー”は3Vと非常に低圧で使用出来、連続放電で強力なので有力候補ですが、制御が難しく耐用も不明です。(入手は困難)

 以上の結果から色々問題はありますが、とりあえず”電撃殺虫器”と”イグナイター”を候補としてもう少し掘り下げて検討したいと思います。


【注】動画のアップロードを試みているのですが、本日どうしてもアップロードできません??
   後日再度アップしたいと思いますのでたまに覗いてみてください。



2014.01.31
関連記事

Comment

電気柵の法規制

電池はいいが、100Vは規制があると聞いていたことがあったので調べてみました。
死亡事故があったため「電気設備に関する技術基準を定める省令」で規制されています。要約すると、
1.人が見やすいように適当な間隔で危険である旨の表示をすること
2.電気を30V以上の電源(交流100V等)から供給するときは漏電遮断器をを施設すること。
3.電波又は高周波電流が無線設備に継続的な障害を与えるおそれがある場所に施設しないこと。
4.電気を供給する電路には、容易に開閉できる箇所に専用の開閉器を施設すること。

高周波の電波障害を出さないためか、パルス間隔を短くしないようです。

No title

12Vバッテリーを使ったものも市販されています。太陽セル付も。
電気柵の大敵は草が伸びて漏電して効果がなくなることで、草刈をしたり防草シートをしきます。
以前、自作例を本で見たことがあります。
12Vで自動車の点火コイルで昇圧すれば1万V以上になると思いますが、瞬間的に10A位流れると思います。10Hzで10mSのパルスを流せば平均1Aですが。プラグのセラミックの上でもコロナ放電するので十分に絶縁する必要がありますが、詳しいことはわかりません。
使い捨てカメラのストロボは数百Vくらいと思います。これをコンデンサで昇圧させることができるそうです。1.5~3Vでは減衰して遠くまで届かないと思います。

ここまで書いて思いついたのですが、昔、タバコやキャラメルの箱で感電するビックリ箱がありましたが、果実に手を出すと電撃すれば装置が小型ですみそうです。赤外センサなどで検知すれば電力も節約でできます。
サルは「あた」をすると聞くので少しは食べさせないといけないのでしょうか。

Re: No title

米搗さん
 色々調査頂きアドバイスありがとうございます。
私も電柵に100Vを直接引いて感電死した話を聞いたことがあります。

 これから電柵電源をどうするか検討の段階で、方向が決まった段階で規制等の確認を行いたいと思っています。
格安な電源(高圧発生装置)の販売もありますが、まずは自作(改造?)で楽しみながらやりたいと思っています。

いずれにしろバッテリーからの電源供給で、電柵には2次電源を入れる予定ですが、それほど高圧にはしない(ならない)積もりです。
畑には時々しか行けないこともあり、安全には十分配慮して設置したいと思います。

これからも進行状況を時々アップしますのでアドバイス宜しくお願いします。

<zukudase1>




身近な高電圧

身近にある高電圧を調べてみました。
電撃殺虫器 丸型1灯 900V、角型2灯 3,000VDC(取説による)
使捨てカメラのストロボ 300V位(耐圧250Vのコンデンサーが壊れるそうです)
電撃ラケット 1,000~2,500V 気の迷いさんの「探求: 電撃蚊取りラケット」によるhttp://www.kansai-event.com/kinomayoi/KATORI/KATORI.html
自動車の点火コイル 約10,000V~(エンジンにより電圧が違うが20,000V以下)

電子ライターの圧電素子 数kV(機械式の機構をどうするか。ノーアイデア)

3000Vの電線に電気が漏れないようにビニールテープを何回も厚く巻いたら笑われたこともあり面白がって調べました。絶縁耐圧を越えると電気は漏れてきます。

Re: 身近な高電圧

米搗さん こんばんは

 高圧発生器は身近に結構ありますが、いざ電柵に使うとなると中々ハードルが高いですね。
その中で”ライターの圧電素子”も面白いと思っていました。

 これは登山用のガスコンロで着火装置のないコンロの着火用に”チャッカマン”の圧電素子を転用して使っていて、時々”感電”するので、その威力は十分あると思っています。

 しかしこうしたメカ装置を電柵に使う良いアイデアがありません。
ソレノイドで1秒に1回叩いたらどうかと思いましたが、消費電力と耐久性で即却下ですね。
メカ式の電柵が出来れば話題性でも面白いと思いますが、当面は電気との格闘が続きます。

非公開コメント