つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

カボチャ収獲

 猿との戦いに勝利して、初めて”カボチャ”を収獲しました。


 畑のご近所の皆さんがほとんど”猿”の被害でカボチャを収穫できない中、我が家は本日カボチャを無事収穫しました。

 猿との戦いの中でも”カボチャ栽培”は、最も難しいもののひとつです。
カボチャ栽培は非常に広い面積が必要で、これを”猿”から守るのは至難の技です。
その被害の話を聞いていたので我が家では、この10年程カボチャを栽培したことがありませんでした。


 しかし今年はこれまでの”猿対策”の経験を結集して、カボチャ栽培に挑戦し見事勝利しました。
と言っても『たった1株』だけの栽培です。



かぼちゃ1 <猿防御柵1>

かぼちゃ2 <猿防御柵2>


そして収獲したカボチャです。


かぼちゃ3 <収獲したカボチャ>


 但し何も被害が無かったかと言うとそうではなく、4個が被害に会いました。
柵の隙間から手を入れて近くにあったものをもぎ取ったものの、防御柵の為外に持ち出すことが不可能で、少しかじっただけで諦めたようです。
その為被害に合った4個が柵の中に確り残っていました。(当然食べませんが、猿のエサにもなりませんでした)


かぼちゃ4 <猿被害にあったカボチャ>


 今年栽培したカボチャは”ロロン”と言う品種で、少し形状が変わっています。
以前栽培したのを頂いて、非常に美味しかった事も有り、今年カボチャ栽培に挑戦する切っ掛けとなったカボチャです。

 かぼちゃは追熟させるとより美味しくなると聞きますが、早速ひとつ食べてみました。
 今年のカボチャは事の外美味しく頂きました。

2013.09.11
関連記事

Comment

No title

おはようございます。かぼちゃ収穫おめでとうございます。こちらではここ2年くらい猿の出没はありません。これからの時期は蕎麦畑の鹿進入が心配です。昨年は乾燥追熟中に少々やられました。ネットを飛び越えて進入するので困ったものです。

Re: No title

makooyageeさん こんばんは

 猿も鹿も空中戦で大変ですね。 
色々苦労して作ってもやられる時は一瞬なのでよけいショックが大きいです。
それでもまだしばらく戦いたいと思っています。
お互い頑張りましょう!!

非公開コメント