つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

充電電池焼損

 充電電池が燃えました。(焼けました?)


 本日9月1日は”防災の日”です。
そこで我が家で最近発生した”防災ネタ”をひとつ。


 以前ダイソーで充電電池を3本購入してきましたが、目的はガレージ内に設置してあるソーラーセンサーライトの電池交換の為です。
数年前に購入した”ソーラー充電式センサーライト”ですが、少し前に明るさが暗くなったので内臓充電電池(ノーブランド品)を外してバッテリーチャージャーで充電してみましたが、充電不能となっていました。
寿命のようです。

ところが母屋の廊下に年寄り用に設置してあるもう一台の古いソーラーセンサーライトが突然点灯しなくなってしまいました。
こちらは既にノーブランド品の充電電池から”大手メーカー製充電電池”に交換して使っていました。
それでも半年以上問題なく使っていたものです。


 このセンサーライトを外して電池交換しようとして内部を見て驚きました。
3本ある電池の1本が焼けていました。

焼損した充電電池 <焼損した電池>

焼損センサーライト <熱変形したセンサーライトケース>


 この事故は知らないうちに発生していて、知らないうちに終了していました。
危ないところでした。
発火しなかったのが幸いでしたが、この焼損の原因が分からないと安心して使えません。

 さてこの原因調査は自分では出来ないのでどこかにお願いしないといけないのですが、”センサーライトメーカに依頼”するか、”電池メーカーに依頼”するか迷いましたが、信頼性の観点から大企業である電池メーカーにお願いする事にしました。
メーカーに問合せをすると、センサーライトと充電電池1式を至急送って欲しいとの事で宅急便で送ってあります。


 解析結果の回答が来たら後日報告したいと思います。


2013.09.01
関連記事

Comment

非公開コメント