つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

チップソー再生(草刈用)

 切れなくなった草刈機(刈払機)用のチップソーブレードの再生を試みました。

 今年は暑くて雨もほとんど降らないのにも関わらず雑草だけは良く伸びます。
従って例年になく草取りと草刈の回数が多いような気がしています。(スイス旅行でさぼった報いという説もあります)

 草刈機も畑の周囲の土手を刈っている分にはそれほどブレードのダメージはありませんが、栗林の下草刈りでは結構大きな石が転がっていて、知らずにぶつけてブレードの超硬チップが外れて飛んで来て時々痛い目にあいます。
この草刈を2~3回行い行うとブレードの超硬チップの半分以上が無くなるので新しいブレードと交換することにしています。

 以前WEB検索していたとき、この草刈ブレードの再生の記事があり読みました。
超硬チップが無くても良く切れるブレードに再生出来ると書いてありました。
先日栗林の下草刈でブレードを交換したので、この再生に挑戦してみました。


ブレード再生1 <チップソー研磨>

ブレード再生2 <再生ブレード>


 ものは試しこれで土手の草刈をしてみました。
これは結構切れました。
しかし超硬チップブレードに比べるとやはりその差は歴然です。
それと石を噛むと極端に切れ味が落ちました。
それでもチップが無くなったブレードよりは切れ味も良いので、応急処置として使うには十分な気がします。
研磨は面倒ですが、これまで捨ててしまっていたブレードが2回でも3回でも再生で余分に使えれば助かります。


 ブレード再生している人のブログでは、”チップソーより切れる”と書いてあった様な気がします。
それと私の研磨方法うが結構違っているような気がします。
再確認の為改めてブログの検索をしましたが、前にヒットしたブログが出てきません。(良くある事です)

 今後もう少し研磨方法を変えて気長に挑戦してみたいと思っています。


2013.09.05
関連記事

Comment

非公開コメント