つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

電柵拡張

 ”電柵”を拡張しました。
 

 昨年は”自作電柵”で囲った畑はお蔭で猿被害は皆無でした。
そこで今年は電柵面積を広げ、”保護区”を拡張する事にしました。



 使っている電源(高圧電源回路)も試験的に作った間に合わせにも関わらず、冬中稼働させていましたが現在も問題無く稼働しています。
耐久性を心配していた心臓部の”ガスレンジ用イグナイター”ですが、相当な耐久性がありそうで、今年もこれをそのまま使う事にします。
そうは云っても故障した時に備えて代替品の準備だけは検討して置きたいと思っています。


 昨年別の畑(電柵無し)で作っていたモロコシ畑が猿の被害で全滅しました。
その後急遽電柵内に蒔いたモロコシは猿被害にも会わず無事食べる事ができました。
その外猿被害で栽培出来ない野菜も沢山あるので、今年は電柵を拡張して電柵内で育てる事にしました。


 横に4m拡張しました。(面積で約10坪・・・大したことはないです)
しかし今回拡張を予定している範囲内に”スグリ”が一株と”八重桜”が一本ありました。
スグリは少し前に移植を行いましたので、八重桜の開花を待っていました。
先日この花の収穫が終わり拡張作業に入りました。(八重桜の開花は昨年より1週間早目でした)

 当初計画では八重桜は切り倒す事にしていました。
しかしここまで成長し、毎年花を収穫加工していたので、色々考えて切り倒さず拡張することにしました。(ご近所さんで、毎年この八重桜の花を使った加工を心待ちにしている人も居ましたので)


電柵拡張 (3)
<電柵拡張: 3畝分拡張しました>



電柵拡張 (1)
 <八重桜を電柵内に囲い込み、石垣の箇所はワイヤーメッシュを二重に設置しました >



電柵拡張 (2)
<八重桜の幹にも専用電極: 猿が登れないように幹に電極(+)を設置>



 又この拡張に合わせて急遽追加の構造変更を行いました。
それはトラクターが電柵内に入ることが出来るように、広いゲートを設置することです。
先日のトラクターのローターブレード交換で”こまめ”と”トラクター”の耕うんの差に愕然としたからです。
ゲートは開閉式ではなく、トラクターの幅分だけ簡単に取り外せる様になっています。
トラクターが入るといっても、年に1~2度位(春の耕作開始時と秋の収穫後となります)なので、わざわざ面倒な扉形式は止めました。



電柵拡張(4)
<トラクター用ゲート: 2本の単管間のワイヤーメッシュを外して入ります。>


2015.05.17
関連記事

Comment

No title

仕事が早いですねえ。

先手先手ですね。立派!

No title

 今この拡張電柵の横に新たな電柵を計画中です。
完成したら後日アップします。
非公開コメント