つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

『緑のカーテン』の今

 『緑のカーテン』が此処に来て劇的な変化を遂げました。

 先日この”緑のカーテンの状況”について書きましたが、その時は”ホップ”の成長が凄く、かぼちゃは見通しが無いような書き方になっていました。

 ところがところが、最近のカボチャの成長は凄まじく、1日に1m近く成長を続けています。
その結果、2階のベランダに届いたばかりでなく、そのベランダを這い回るまでになりました。

 そして今日かぼちゃの実が一つ付いている事に気が付きました。
これまで花は数えきれないほど咲いていましたし、人工授粉もやってみましたが成果が無いと諦めていました。
葉っぱの裏にすっぽり隠れていた為気が付かなかったのです。
これで苗代は十分元が取れました。(取らぬタヌキの何たらです)
葉っぱが大きいので、緑のカーテンとしても十分効果があります。


かぼちゃ <かぼちゃ:この実が収獲できるか??>


 一方ホップはというとこちらも実が付き出し、成長は完全にストップしてしまいました。


ホップ <ホップは今年もやっぱりこの程度>


 ホップは2年作って見ましたが繁茂と言うには程遠く”緑のカーテン”としてはあまり適当ではないと思います。
残念ですが今年で最後にする予定です。

2013.07.29
関連記事

Comment

非公開コメント