つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

バラの台木

 偶然『トゲ無し野バラ』が手に入りました。


 ”手に入った”というより、バラ苗の台木が偶然伸びたて大きくなってしまいました。
我が家のバラとしてはほぼ第1世代の”ジュリア”ですが、今年は元気が無くなったと思っていたら根元から非常に勢いの良い枝が出てきたのでそのまま伸ばしていました。
そうしたら枝に全く”トゲ”が無い事が分かったので、”バラ苗の台木の野バラ”だと気が付きました。

 
 バラは接木で増やしますが、その台木が野バラです。
それも”トゲ無し野バラ”が一般的に使われています。
前にこのトゲ無し野バラを捜した事がありましたが、入手できませんでした。
一般には販売されていないようです。

 今回偶然我が家の庭に現れたわけで、これ幸いと伸ばしていました。
”挿木”にして増殖を計画しています。

棘無し野バラ1 <トゲ無し野バラらしきもの>

棘無し野バラ2 <挿木>

2013.08.27
関連記事

Comment

非公開コメント