つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

スイス旅行記(その6)

【 ツェルマット・1日目 】

 ツェルマットは良く知られているように、自動車の乗り入れを禁止した街です。
車の乗り入れ禁止を試行した後、”住民投票”で禁止を正式決定したそうです。
ですから現在街中を走っている乗り物は、電気自動車と馬車です。(自転車も多いです)
電気自動車にはダンプカーやトラック、特殊車両、バスなどの大型車両も見られました。
街は静かでいいですが、この電気自動車は音がしない上に結構のスピードで走っています、直後に迫っていて危険を感じることが度々ありました。(基本的にクラクションは鳴らさないようです)

 ここの住人は自宅に電気自動車を持っているかというとそんな様子も見られません。
又大型スーパーや商店街にも駐車場がありません。
スーパーではそれこそ大量の買い物をしている人を沢山見ましたが、どうやって家まで運んでいるのでしょうか?


 さてツェルマット滞在1日目は朝から『マッターホルン展望台』の計画でした。
しかしこの日朝から雨の為、予定変更です。
カッパ着用でホテル前の駅から”登山電車”で急傾斜(約40°)を一気に山頂へ。

ケーブルカー <登山電車・・・車両もこの角度で設計されています>


 山頂駅に着いた時はかなりの寒さを感じましたが、案の定しばらくすると雨が雪に変わりました。
7月の降雪は日本では中々見ることはありませんが、ここスイスでは珍しい事ではないそうです。
従って残念ながらマッターホルンは見えませんでした。(逆さマッターホルンも)
それでも山頂湖周辺を花を探して散策。
雪の御花畑も又風情があって良いものでした。
しかし寒かった!!


山頂湖 <山頂湖>

オキナグサ  <オキナグサ>


オキナグサ <アネモネ?>

木馬 <この遊具は非常に面白いが危険>



 次は本日の最大のイベント(スイス旅行中最大とも言える)、『マッターホルン見物』。・・・のハズでした。
本当は朝一番で登る予定でしたが、天気予報が午後から晴れると出ていましたので急遽時間変更で夕方からに変更となりました。

全員で4時発の登山電車に乗り込みましたが、外はまだ雨で全く晴れる様子がありません。
発車5分前、Sさんとリーダーの判断で電車から全員降りました。
次の日の朝に急遽変更です。
乗車券の変更・・・Sさん曰く、「大丈夫、まだ乗っていないのだから変更出来ない訳が無い!」
変更出来ました ・・・凄い!!

しかしこれが次の日トラブルに・・・又次回のお楽しみです


 さて話が前後しますが、本日の昼食は全員の希望でスイス名物『チーズホンジュ』を食べる事になりました。
泊まったホテルでは冬場だけしかやらないそうで、別のレストランに予約をしてもらいました。
ツェルマットではスーパーでも博物館でもレストランでも雨傘は入り口に無造作に置いて入ります。
日本であっても取られないか少し心配になるところですが、・・・大丈夫でした。
スーパーでも土産物屋でも同様に入り口に置いて入りましたが大丈夫でした。(”傘立て”などはありません)
このツェルマット、中国人やインド人の団体をほとんど見かけません・・・だからなんでしょうか?

 
 さてこの”チーズホンジュ”3種類のチーズが食べられるセットを注文しましたが、どれも強烈に”しょっぱい”のです。
スイスの何処で食べてもチーズは塩辛かったので、多分チーズ自体に塩味が強いのだと思います。
ガイドブックには最後に僅かに残ったチーズの焦げたのが美味しいと書いてありましたが、おこげが出来るまでチーズを食べ尽くすことが出来ません。 ・・・諦めました。


 今回のスイス旅行で分かったのですが、ドイツ語圏は何処でも料理がしょっぱいです。(ツェルマットのほうがグリンデルワルトより余計しょっぱい)
フランス語圏はやはりフランス料理の影響かどれも美味しかったですね。
ただワインとビールはどこでも美味しかったです。


チーズフォンジュ <3種類のチーズセット>

2013.07.21
関連記事

Comment

非公開コメント