つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

今年の計画

 今年は猿対策の手段として『電気柵』を作ることにしました。 


 作付け出来ない畑は十分あるのですが”味噌作り”に使う大豆さえ自作が出来ません。
猿さえいなければ我が家の野菜の自給率は飛躍的に向上出来るはずと思っています。


 これまでもブログでも度々投稿してきましたが、”猿対策”に関してはここ10年ほど色々の方法を実施してきました。
お陰で一定の成果は現れていますが、それも限定された野菜作りに対してだけです。
どんな野菜も作ることが出来る環境では全くありません。
最近は猿の群れが大きくなってきていて一段とレベルアップが必要となってしまいました。
更に猿も確実に学習しているようで非常に手強くなっています。


 猿の個体数を人為的に減らさない限り、被害が減ることはありません。
一番確実なのは銃による駆除です。
しかしそれが出来ないので、現在考えられる中では”電気柵”が最も有効なのですが、これまでは『最後の手段』と考えてきました。
電気柵も設置するとなると相当の投資が必要で且つ日々のメンテナンスも必要なので、設置となると相当な覚悟が必要で家庭菜園としては躊躇せざるを得ませんでした。
しかし此処に来て、猿被害の急拡大で、ささやかな家庭菜園にしろ作物を作る為にはこの”電気柵”を早急に設置する必要に迫られています。


 そこで今年は”電気柵”の試験設置までを実現させたいと思っています。

 今年の年頭の決意としては
『2年以内に電柵による猿対策を確実に実施して、安心して申年(2016年)を迎える。』
を目標としたいと思います。

 この電柵、現段階では先ず”自作”を検討しています。
投資対効果の観点からです。
春から試験設置が出来る様に考えています。


 実はこの”電柵自作”に関してはこれまでも色々考えて準備もしていたので、これらの案を具体的に検討したいと思っています。

*********<これまでの”電柵自作”検討案>**********************

1)電撃ラケット   
(2)電撃殺虫器     
(3)イグナイター(点火装置) 
(4)市販されている”電源キット”を購入して活用。

**********************************

A電柵電源
 <ベース機材 :(左)電撃殺虫器、(中)ラケット殺虫器、(右)ガスレンジのイグナイター>


 ”電源キット”も含め、購入は最終の最後と考えています。
冬場は作物が無く電柵は不要なので、春からの使用を想定して、開発を進める積もりです。


2014.01.09
関連記事

Comment

非公開コメント