つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ドラム缶タンドール(その4)

 『ドラム缶タンドール』を初めて使ってみました。


 前回の第2作目の”2段積みペール缶タンドール”では使用中にテラコッタが割れる失敗を経験をしたので、今回の”ドラム缶タンドール”では慎重に慎重に回数を更に増やして焼き慣らしを重ねてきました。
一連の焼き慣らしでは薪を内部に半分程詰めて燃やす事もやりましたが、今のところテラコッタの割れの発生はありません。

 このお盆に姪っ子二人が遊びに来たので、昼食にタンドールで”ナン”を焼くことにしました。
新しい蕎麦粉を貰ってあったのですが、一人が「蕎麦は嫌い!」と言うので、簡単にカレーとナンのご馳走(?)にしました。


Aタンドール3-1 <1時間の燃焼でススがなくなりました/炉内500℃>


Aタンドール3-2 <ナンは3個同時に焼けます/開始時炉内温度375℃>


Aタンドール3-3 <焼き上がったナン


12枚のナンを焼きましたが、今度のタンドールは大きいので3枚が同時に焼けます。
無理すれば4枚でも可能です。
これだけ一度に沢山焼けると、12枚焼いても30分程度と非常に効率よく出来ました。
ナンを焼いた後、まだタンドールの温度は300℃以上あったので、小芋(ジャガイモの極小さいもの)を串刺しで焼いてみました。
但しタンドール内部が深いので、短い串用のアタッチメントを作って置いたのでこれを使いました。
ナンも美味しかったのですが、この小芋の串焼きが非常に美味しくて気に入りました。
皮はパリパリ、中の芋はネットリ。


Aタンドール3-4 <短い串を使うアタッチメント>

 これまでの”ペール缶タンドール”と比べると、今回の”ドラム缶タンドール”はやはり大きい分、熱容量が大きくなって、温度の均一性が上がり綺麗に焼けます。
それに一度オキを作ると長時間高温を維持出来、非常に扱い易いタンドールです。

 今回テラコッタ鉢に割れはありませんでした。・・・メデタシ、メデタシ!!
唯一の欠点は”重い事”やはり28kgは重いです。
それと使用後炉内が100℃以下になるのに、4.5時間も掛かりました。


 この熱い夏の真昼間の炎天下でタンドール料理を行うのは考え物です。
途中でTシャツを一度着替える必要がありました。



2013.08.17
関連記事

Comment

非公開コメント