つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

九分九厘蕎麦

 久し振りに”蕎麦打ち”をしました。

 息子が長期出張から帰ってくるので、今夜は蕎麦のご馳走です。
2ヶ月と少し海外に行っていたので、帰って来たら一番最初に食べたいのは『おやじの打った蕎麦』だろうと勝手に考えて打ち始めました。

 打つのは何時もの”九分九厘蕎麦”。
丁度上手い具合に今週頭にご近所の蕎麦粉生産者から引き立ての蕎麦粉を頂きました。
又最近昨年収獲した”ゴボウの葉っぱ”から繊維を取り出したばかりなので、その出来具合を見るのにも良い機会になりました。
至って私の個人的都合です。

九分九厘蕎麦1 <蕎麦打ち準備>


 さて”ゴボウの葉っぱ”から取り出した繊維ですが、お湯で何度も煮こぼすとこれまでは結構真っ黒なアクや濁りが出たのですが、今回ほとんど出ません。
繊維を取り出す方法が、ここに来て手際よくなり且つ純度も上がってきた証拠だと思います。

九分九厘蕎麦2 九分九厘蕎麦3
<ごんぼっぱ繊維>


 挽き立ての蕎麦粉は楽です、”水廻し”は今回1回で決まりました。(流石!!)
しかし延ばしでは部分的に延ばし過ぎて重なりが出来てしまいました。
滑り出しは順調と思われましたが、相変わらず”延ばし”だけは苦手です。
まだまだ修行が足りません。

九分九厘蕎麦4 九分九厘蕎麦5
<完成した蕎麦 :結構綺麗な薄緑色になりました>

2013.06.09
関連記事

Comment

非公開コメント