つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

キッチンスケール修理

 ”キッチンスケール(はかり)”が壊れて修理しました。

 普段使っている”キッチンスケール”ですが、急にが動かなくなりました。
電池切れと思って裏蓋を開けると、電池の漏液の為電池が抜けません。

Aキッチンスケール1 <昔懐かしい光景です/電池も中国製>


 この電池の液漏れ腐食は昔良く見ました。(40~50年前はこれが普通でした)
ここしばらくめぐり合いませんでしたが久し振りに見ました。(懐かしい物を見てしまいました・・・?)
このはかりは中国企業製品の輸入品の様です。(OEM)
アルカリ電池も中国メーカーのものが使われています。(そこには”ISO9002認証”との記述もあります)
流石中国製。


分解2 <少し分解に苦労しましたが構造は至ってシンプル>


 電池を無理に引き抜いたら、接点の金属板(マイナス端子)も一緒にもげてしまいました。
簡単に修理出来ないので、当初外観は悪くなりますが電池ボックスを買ってきて交換する予定でした。
しかし最終的に銅板の端材を電極の形状に削って成形し半田付けしました。
組み立て直して別のキッチンスケールと重さの比較をしましたが測定値に全く問題はありません。
修理完了です。
それでも合計で2時間程掛かりました。


A電池ボックス <電池ボックス修復/充電電池を挿入>


 この製品はHCで普通に売っている¥880の安物商品で、輸入販売元企業としてはこの製品は使い捨てとして位置付け、こんな場合は新品を買ってもらうことをビジネスモデルとしている??・・・そうは問屋が卸さネー!!
久し振りに楽しい修理でした。

2013.05.21
******************************************************

 同じ様な不良品を掴まされた人がいるのではと思って、NET検索していて下記記事を見つけました。


キッチンスケール


 ”東北大震災の支援物資”の中にも同じ様な、液漏れ不良品が入っていたんですね。
このことからこの製品は多分日本中で同様の不良が発生していて迷惑を掛けていると推測出来ます。
いずれにしろこのビジネスモデルは破綻しますね。
関連記事

Comment

非公開コメント